中京学院大中京高校の巨漢投手・赤塚健利投手がプロ野球志望届を提出しましたね。

 

赤塚健利投手は、身長193cmから投げ下ろす角度のある直球が魅力の未完の大器!

 

今回は、中京学院大中京高校のドラフト候補・赤塚健利投手に注目してみました。

Sponsored Links

赤塚健利投手のプロフィール

赤塚健利(あかつか けんと)投手は、2001年7月1日生まれの18歳。

 

静岡県磐田市出身。

 

身長193cm、体重103㎏、右投げ右打ち。

 

赤塚健利投手は、幼稚園の時には、既に身長が170cmあったという噂が…

 

でも、幼稚園の頃は野球ではなく、ジュビロ磐田のサッカースクールに通っていたそうです。

 

そして、小学校1年から野球に転向!

 

磐田市立福田中学校1年の頃には身長が180cmあったことから、その身長の高さに魅力を感じたバスケ部、サッカー部から勧誘を受けましたが、掛川シニアでプレーしています。

 

中学校卒業後は、掛川シニアOBで中京学院大中京高校で甲子園に出場した平秀匡選手に憧れて、中京学院大中京高校に入学。

 

中京学院大中京高校では、1年秋の東海大会で背番号1番でベンチ入りしていますが、1年秋の東海大会は登板せずに準々決勝で敗退しています。

 

2年夏の岐阜大会はベンチ入りメンバーから外れましたが、3年春の岐阜大会では再びベンチ入りを果たし、3位決定戦の岐阜第一高校戦で2番手で登板して4回2安打無失点の成績を残しています。

 

3年夏の岐阜大会は、2回戦の岐阜東高校戦で2番手で登板して1回ノーヒット1奪三振無失点、3回戦の各務原西高校戦で2番手で登板して3回2安打1四死球5奪三振無失点、4回戦の高山西高校戦で2番手で登板して0.2回をノーヒット2奪三振無失点、準々決勝の岐阜各務野高校戦で2番手で登板して1回ノーヒット3奪三振無失点、準決勝の岐阜第一高校戦で2番手で登板して1回1安打無失点、決勝の大垣日大高校戦で2番手で登板して0.2回をノーヒット1奪三振無失点に抑え、中京学院大中京高校の優勝に貢献!

 

続く、3年夏の甲子園大会は、2回戦の北照高校戦に2番手で登板して2.1回を2安打1四死球1奪三振1失点、3回戦の東海大相模高校戦で4番手で登板して2回を3安打1奪三振無失点、準々決勝の作新学院高校戦で3番手で登板して0.1回をノーヒット無失点と好投しましたが、準決勝の星稜高校戦では3番手で登板して3.1回を4安打2四死球1奪三振3失点と相手打線を抑えることができず、試合も奥川恭伸投手らに封じられ、敗れています。

 

 

赤塚健利投手は、ほぼストレート1本の投球を貫く最速148キロ右腕。

 

変化球は緩いスライダーがありますが、球威のあるストレート中心の配球となっています。

 

赤塚健利投手の動画はコチラ

赤塚健利投手のスカウト評

ロイヤルズ・大屋博行国際スカウト(2019/8/13付)

「体のバネを作るトレーニングをしたら面白い存在」

 

巨人・長谷川国利スカウト部長(2019/8/13付)
「(193センチの)体が目立つよね。まだ投げるので精いっぱい。どんどん経験を積んでいけば、いい結果が出てくるタイプ」

最後に

短いイニングながら、ほぼストレート1本でぐいぐい押すピッチングは魅力があります。

 

ドラフトでも育成枠なら、指名の可能性はあるでしょう。

 

期待したいですね。

Sponsored Links