有明高校の浅田将汰投手が、DeNAからドラフト7位で指名されました。

 

浅田将汰投手は、「肥後の大谷」といわれる投手で4番の二刀流選手!

 

今回は、DeNAからドラフト7位で指名された有明高校の浅田将汰投手に注目してみました。

Sponsored Links

浅田将汰投手のプロフィール

浅田将汰(あさだ そうた)投手は、2001年4月23日生まれの18歳。

 

福岡県飯塚市出身。

 

身長182cm、体重84㎏、右投げ右打ち。

 

浅田将汰投手は小学校2年生から少林寺拳法と並行して、野球を始め(少林寺拳法は2年間)、飯塚市立庄内中学校時代は飯塚ボーイズで投手としてプレーしていました。

 

中学校卒業後、浅田将汰投手は有明高校に進学し、1年春からベンチ入り。

なぜ有明を選んだのか?この素朴な疑問に、浅田は「秀岳館がずっと甲子園に行っていたので 、秀岳館を倒さないと甲子園に行けないと思い、 有明高校に入って甲子園を狙おうと思って決めました。」と淡々と答えてくれた。

この志望理由も実に浅田らしい回答だった。「甲子園常連校に入り甲子園を目指したい」ではなく、あえて有明に入り、浅田が中学時代に甲子園を沸かせた強豪・秀岳館を倒し、甲子園に行きたいと言うのだ。

出典 高校野球ドットコム

 

1年夏の熊本大会2回戦の済々黌高校戦で、浅田将汰投手は3番ライトで先発出場して3打数1安打し、投手としても2番手で登板し、2.2回を4安打3失点。(試合は1対8で敗戦)

 

1年秋からは主戦となり、初戦の熊本第二高校戦で完封、3回戦の熊本国府高校戦で3失点完投勝利を挙げましたが、準々決勝の文徳高校戦では完投したものの、6回に打ち込まれ、2対6で敗退しています。

 

翌2年春の熊本大会では、準々決勝の秀岳館高校戦に先発して、相手打線を3点に抑える好投を見せましたが、味方打線が2点に抑えられ、2対3で惜敗。

 

2年夏の熊本大会は、2回戦の千原台高校戦で9回10安打1四死球10奪三振2失点で完投し、打っては本塁打を含む2安打をマーク!

 

続く、3回戦の多良木高校戦では、8安打1四死球9奪三振1失点で完投し、準々決勝の球磨工業高校でも6安打6四死球2奪三振2失点完投と好投しましたが、相手投手に完封され、0対2で敗れています。

 

2年秋の熊本大会では、初戦に秀岳館と対戦し、相手打線を8回まで0点に抑えていましたが、9回に2点を奪われ、サヨナラで敗れています。

 

3年春の熊本大会では、決勝まで進出しましたが、球磨工業高校に0対1で敗れています。

 

3年夏の熊本大会は、初戦のルーテル学院高校戦で8回3安打1四死球7奪三振完封、3回戦の開新高校戦で9回8安打3四死球13奪三振2失点、準々決勝の八代高校戦で先発して5回2安打1四死球4奪三振1失点、打者として4打数1安打2打点、準決勝の熊本工業高校戦で9回6安打3四死球8奪三振2失点と好投しましたが、準決勝は相手投手に完封され敗れています。

 

浅田将汰投手は甲子園大会終了後、侍ジャパンU-18日本代表に選出され、U-18ベースボールワールドカップに出場しています。

 

浅田将汰投手は、最速149キロの速球にカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ、フォークボールを投げ分ける本格派右腕投手で、打者としても、高校通算28本塁打をマークしています。

 

浅田将汰投手の動画はコチラ

Sponsored Links

浅田将汰投手のスカウト評

中日・三瀬スカウト(2019/7/16付)

「持ち味の直球を前面に、出し惜しみせず投げていた。いいものがある。まだ荒削りですが体の強さがあるので楽しみです。九州、沖縄では、浅田投手と興南の宮城投手が抜けている」

 

DeNA・篠原貴行スカウト(2019/10/17付)

「長身のスタイルから強い腕の振りで繰り出されるストレートは140km/h後半を計測する。ボールの角度もあり、変化球の精度が上がれば楽しみな素材。また、打撃センスもあり長打が打てる魅力もある。」

浅田将汰投手の契約金は?

浅田将汰投手は、11月12日、契約金2090万円、年俸475万円で仮契約しています。

DeNAからドラフト7位指名された有明・浅田将汰投手が12日、熊本市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2090万円、年俸475万円で仮契約した。
今夏U18日本代表入りも果たした最速149キロ腕。「仮契約を終え、あらためてプロの一員になるんだなと感じました。セールスポイントは力のあるストレートなので、強気の投球を見てもらいたいです。一軍のマウンドに早く立ち、防御率のタイトルを獲れるような投手になりたいです」と話した。(金額は推定)

出典 スポニチ

最後に

浅田将汰投手は、負けず嫌いな性格のようですが、自己分析力にも優れている投手のようです。

 

DeNAではドラフト7位と下位指名となりましたが、プロに入れば、順位は関係ありません。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links