ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフ選手のブライト健太選手は、身体能力の高いスラッガー!

 

打撃が成長したことで、一躍ドラフト候補として注目される存在に浮上してきました。

 

今回は、上武大学のドラフト候補・ブライト健太選手に注目しました。

Sponsored Links

ブライト健太選手のプロフィール

ブライト健太(ぶらいと けんた)選手は1999年5月7日生まれ。

 

東京都足立区出身。

 

身長183cm、体重86㎏、右投げ右打ち。

 

ブライト健太選手は、小学校1年から柔道を始め、小学校6年から野球を始めています。

 

足立区立第十一中学校時代はシニアクラークでプレーし、葛飾野高校進学後は1年夏からベンチ入り。

 

2年夏の東東京大会は5番ファーストで出場し、初戦の青山高校戦で4打数ノーヒット、2回戦の東京成徳大高校戦で2打数2安打の成績を残しています。(2回戦敗退)

 

3年春の東京大会は、1次予選代表決定戦の豊島学院高校戦では2打席連続本塁打を放つ活躍を見せましたが、2回戦で日大三高に6回コールドで敗れています。

 

3年夏の東東京大会は4番ファーストで出場し、2回戦の立正大立正高校戦で4打数2安打1打点をマークしましたが、打撃戦の末、5対8で負けています。

 

ブライト健太選手は、高校卒業後に上武大学に進学し、2年春からベンチ入りを果たしましたが、荒削りな打撃が影響し、3年秋までは控えに甘んじていました。

 

しかし、冬の期間に確実性のアップに取り組んだ結果、打撃が向上し、レギュラーとなった4年春のシーズンでは、14試合に出場し、50打数19安打、3本塁打、12打点、10四死球、5三振、6盗塁、打率.380の成績を残し、MVPを獲得しています。

 

4年春の全日本大学野球選手権大会では、4番センターで出場した1回戦の西日本工業大学戦で、隅田知一郎投手から決勝の本塁打を放つ活躍!

プロ注目の上武大・ブライト健太外野手(4年・葛飾野)が大会1号となる決勝弾で初戦突破に貢献した。

二回先頭で、今秋ドラフト上位候補左腕の西日本工大・隅田の直球を捉え、左中間へ飛び込む先制アーチ。「しっかりと強いスイングができました」と手応え十分の一発でアピールした。

関甲新学生リーグでも同じくドラフト候補左腕である新潟医療福祉大・桐敷から本塁打をマークするなど、“左腕キラー”ぶりを全国大会でも発揮した。

出典 デイリー

 

続く、2回戦の桜美林大学戦では1番センターで出場し、4打数3安打1打点をマークしています。

 

 

ブライト健太選手は、高校通算38本塁打の長打力に加え、50m走5秒8の走力、遠投100mの肩を持つ身体能力の高い選手。

 

ブライト健太選手の動画はコチラ

ブライト健太選手のスカウト評

ヤクルト・度会スカウト(2021/6/8付)

「思い切り振れるという彼の持ち味が出せていた」

 

西武・渡辺GM(2021/6/8付)

「打ち直しで左中間(席)に打てる(打者)なんて、いないね」

 

日本ハム・大渕隆スカウト部長(2021/6/8付)

「リストが柔らかく使える選手」

最後に

身体能力の高いブライト健太選手は、プロのスカウトが好みそうなタイプでしょうね。

 

実績は少ないですが、全日本大学野球選手権大会で活躍したことで、ドラフト圏内に入ってきたと思います。

 

頑張ってアピールしてほしいですね。

Sponsored Links