170㎝の小柄な体ながら、俊足巧打の外野手として、ドラフトで注目を集める近本光司選手!

 

今回は、大阪ガスの近本光司外野手に注目しました。

近本光司外野手のプロフィール

 

近本光司(ちかもと こうじ)外野手は、1994年11月9日生まれの23歳。

 

兵庫県淡路市出身。

 

身長170㎝、体重70㎏、左投げ左打ち。

 

近本光司選手は、淡路市立学習小学校2年の時に、仮屋クラブで野球を始め、淡路市立東浦中学校では軟式野球部に所属していました。

 

中学校卒業後は社高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

近本光司外野手は投手兼外野手としてプレーし、2年夏の兵庫大会では準々決勝で川西緑台高校に敗退、3年夏の兵庫大会でも、準々決勝で滝川第二高校に敗退し、甲子園に出場することができませんでした。

 

高校卒業後は、関西学院大学に進み、2年秋からリーグ戦に出場。

 

3年からは俊足を活かすため、外野手に専念し、3年春は13試合に出場し、58打数22安打、打率.379、盗塁10でベストナインになっています。

 

しかし、3年秋は足を痛め、4年春と秋は右腕の骨折をしたため、活躍することができませんでした。

 

大学卒業後は、3年春のリーグ戦後に内定していた大阪ガスに入社。

大阪ガスに内定したのは3年春のリーグ後だったため、近本は「ケガする前でよかったです」と笑う。だが、当時の監督だった竹村誠副部長は「こいつはモノが違う」と採用を即決したという。

「外野を守っている立ち姿、駆け抜ける姿、高い技術でボールを捉える姿。すべてにおいて余裕をもってプレーしている。この子は普通のレベルではないと、ひと目で確信を持ちました」

竹村副部長が近本を高く買う理由はプレー面だけではなかった。近本の野球に対する姿勢、根気強さにも一目置いている。

「近本は淡路島出身なのですが、寮のない関西学院大まで自宅から通っていたんです。毎日、船と電車を乗り継いで、しかも道中でジムに通ってトレーニングしていた。継続して努力のできる子です」

出典 https://sportiva.shueisha.co.jp/

 

大阪ガスに入社後は、1年目から公式戦に出場し、都市対抗野球大会近畿地区2次予選では、関メディベースボール学院戦と新日鐵住金広畑戦で2試合連続本塁打を放つ活躍を見せ、大阪ガスは都市対抗出場は叶わなかったものの、近本光司外野手は三菱重工神戸・高砂の補強選手として出場しています。

 

2017年の日本選手権では、初戦の三菱自動車岡崎戦で先制点のきっかけとなる左中間に三塁打を放つ活躍を見せましたが、2戦目の日本生命戦は延長12回タイブレークでサヨナラ逆転負けを喫しています。

 

翌2018年の都市対抗野球大会では、準決勝のJR東日本戦で決勝ホームランを放ち、決勝の三菱重工神戸・高砂戦でもタイムリーヒットを放つ活躍を見せ、大阪ガスの都市対抗野球大会優勝に貢献しました。

 

近本光司外野手は都市対抗野球大会で打率.524を挙げ、最優秀選手と首位打者を受賞。

 

この活躍により、近本光司選手はアジア競技大会の侍ジャパン社会人代表に初選出されています。

 

近本光司外野手は50m走5秒8の脚力が自慢の外野手です。

 

2018都市対抗野球大会準決勝で、本塁打を放つなど、小柄な選手の割には長打力も秘めています。

 

近本光司外野手の動画はコチラ

近本光司外野手のスカウト評

巨人・岡崎スカウト部長(7/31付)

「彼ももともといい選手。足も速くてバッティングも良くて」

近本光司選手の嫁は?

近本光司選手は、2018年春に、10年の交際を経て、中学時代に同級生だった未夢(みゆ)さんと結婚しています。

 

10年の交際期間ってスゴイですね。

Sponsored Links

最後に

小さい体の選手は負けん気が強いですが、この近本光司外野手も気が強そうです。

 

大学時代に2度の骨折があり、挫折を味わっているのも、近本光司外野手にとって良い経験だったのではないでしょうか。

 

左打ちの外野手は、あまり需要がないのですが、この選手は違うようですね。

 

ドラフトでは2位か3位での指名もありえそうです。

 

【追記】

近本光司選手は、阪神にドラフト1位で指名されました。

 

阪神の選手紹介コメント

安定したスイングとパンチ力を武器に、手元までボールを引き付けて打つシュアな打撃が魅力の外野手。特Aレベルの脚力も持ち合わせており、俊足巧打のトップバッターとして甲子園を所狭しと駆け回る能力を持った選手。

 

近本光司選手は、11月15日、西宮市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万、年俸1500万円(金額は推定)で仮契約を結んでいます。

 

 

12月3日、阪神タイガースは大阪市内のホテルで「2019年度新人選手入団発表会」を行いました。

 

近本光司選手(背番号5)のコメント

―タイガースのユニフォームに袖を通した今のお気持ちはいかかですか。

プロ野球選手になれた喜びと、責任感を感じています。本当に身の引き締まる思いです。

―ご自身のセールスポイントは?

足が武器なので、超積極的野球を体現して、チームの得点に貢献できるように頑張っていきたいです。

―プロ1年目での目標は?

新人王とそれを獲るために盗塁王というのが必要になってくると思うので、その2つを狙って頑張っていきたいと思います。

―ファンの皆様に一言お願いします。

新人王と盗塁王を目指して、頑張りますのでご声援のほど宜しくお願いします

出典 阪神タイガース

Sponsored Links