青森大学出身のプロ野球選手といえば、2001年ドラフト会議自由枠で西武に入団し、西武・ソフトバンクなどで活躍した細川亨捕手がいますが、2019年ドラフト候補として、青森大学の蝦名達夫選手が注目されています。

 

今回は、青森大学のドラフト候補・蝦名達夫選手について調べてみました。

Sponsored Links

蝦名達夫選手のプロフィール

蝦名達夫(えびな たつお)選手は、1997年9月20日生まれの22歳。

 

青森県青森市出身。

 

身長184cm、体重86.5kg、右投げ右打ち。

 

蝦名達夫選手は青森市立東中学校を経て、青森商業高校に入学。

 

1年夏の青森大会は3番ショートで出場し、2回戦の三沢高校戦で3打数1安打、3回戦の三本木高校戦で5打数1安打、4回戦の五所川原商業高校戦で1打数ノーヒットに抑えられ、4回戦で敗退。

 

2年夏の青森大会は4番ショートで出場し、初戦の三戸高校戦で本塁打を含む3打数2安打4打点、3回戦の東奥学園高校戦でも本塁打を含む4打数3安打2打点、4回戦の弘前工業高校戦で3打数1安打と活躍しましたが、4回戦は相手投手に完封され、7回コールドで敗れています

 

3年夏の青森大会は4番サードで出場し、2回戦の五所川原商業高校戦で1打数ノーヒット、3回戦の青森中央高校戦で1打数1安打2打点、4回戦の五所川原工業高校戦で4打数2安打1打点、準々決勝の青森高校戦で本塁打を含む3打数2安打1打点をマークしましたが、準々決勝は3対4で惜敗し、甲子園出場を逃しています。

 

蝦名達夫選手は、強打のサードとして高校時代にプロから注目されていましたが、青森大学に進学しています。

 

青森大学では1年からリーグ戦に出場し、1年秋はファーストとして、9打点を稼ぎ、最多打点賞とベストナインに選ばれています。

 

2年秋には、ファーストで2回目のベストナインに選出!

 

4年春のリーグ戦では、3本の本塁打を放ち、最多本塁打賞と外野手としてベストナインに輝いています。

 

4年秋のリーグ戦では、首位打者と外野手としてベストナイン(通算4回目)を受賞しています。

 

 

蝦名達夫選手は、長打力のある打撃に加え、50mを6秒フラットで走る俊足、強肩の大型外野手。

最後に

蝦名達夫選手は、地方の大学の選手なので、情報量が少ないですが、ドラフトでも中位あたりの指名が狙える選手ですね。

 

大型選手の割には、足も速いですし、長打力もあって、肩もいいというのは、あまりいないと思います。

 

まさに隠れた逸材という表現がぴったりでしょうね。

Sponsored Links