九州ナンバーワン捕手として、ドラフト候補にも挙がる江川侑斗捕手!

 

二塁送球が最速1秒80を計測するだけでなく、インサイドワークにも優れているそうです。

 

今回は、大分高校の江川侑斗捕手に注目しました。

Sponsored Links

江川侑斗捕手のプロフィール

江川侑斗(えがわ ゆうと)捕手は、大分県大分市出身。

 

身長178cm、体重75㎏、右投げ右打ち。

 

江川侑斗捕手は、小学校2年の時に松岡少年野球クラブで捕手や投手などの複数ポジションをこなしましたが、捕手というポジションに魅了され、捕手にはまったそうです。

「捕手は他の野手と比べて見ている景色が違いますし、自分で試合を動かして、チームの要になるポジションだと思います。そこでプレーするところに惹かれて捕手にはまりました」

出典 高校野球ドットコム

 

大分中学時代は大分明野シニアでプレーし、3年生の時にシニア全国代表に選出されています。

この3年間は捕手として学ぶ3年間だった。
「特に学んだのは配球ですね。監督さんから基本的な配球と勝負に行くときの強気の配球を教えていただき、大きく成長ができました」

正捕手としてチームを引っ張り、春、夏の全国大会に出場し、さらにシニア全国代表にも選ばれる。そこで得たものは大きかった。
「みんなレベルが高くて、技術が高い選手が多くて、試合をする楽しさがありました」

出典 高校野球ドットコム

 

大分高校では2年春からベンチ入り。

 

2年夏の大分大会では、1回戦の大分舞鶴高校戦に5番レフトで出場し、3打数ノーヒットに終わり、試合も3対4で惜敗しています。

打率を残せる打撃と声でアピールをして、夏にはレフトでスタメン出場するも、初戦敗退。
「夏の甲子園を狙っていたのに、初戦敗退したのは本当に悔しくて、本当に落ち込んで、敗退した日はなかなか眠れませんでした」

出典 高校野球ドットコム

 

2年秋の大分大会は、決勝で明豊高校に敗れましたが、江川侑斗捕手は決勝戦で3番捕手として出場し、5打数2安打1打点をマーク!

 

続く、秋季九州大会では、1回戦の長崎南山戦で3打数2安打2四死球、準々決勝の神村学園高校戦で3打数1安打、準決勝の筑陽学園高校戦で5打数2安打と活躍し、投手陣をうまくリードしましたが、試合は3対5で惜敗しています。

 

3年春の選抜大会は、6番捕手で出場した1回戦の松山聖陵高校戦で相手打線を1点に抑える好リードを見せましたが、2回戦の明石商業高校戦では、相手打線に13点を奪われる大量失点で敗れています。

 

 

江川侑斗捕手は、遠投105m、二塁送球最速1秒80の強肩捕手。

 

キャッチング技術やインサイドワークにも長けていることから、九州ナンバーワン捕手といわれています。

江川は高いキャッチング技術、スローイング技術が注目されるが、そのコツについて解説してもらった。まずキャッチングは古田敦也氏の動画を参考にしながら身に着けた。

「中学時代に古田さんの動画を見て凄いと感じたことが始まりです。他では谷繫(元信)さんのキャッチングで良い部分があれば、参考にしましたし、アレンジを重ねた結果、現在の形となりました。意識しているのは審判から見やすい捕球であること。捕る位置は変えないんですけど、捕るまでの過程でアウトコース、インコースによって少し内に寄って、外に寄ったりと変えていきます。ここでダメなのは捕ってからミットをずらすこと。練習法としてはマシン相手に何度も捕球する練習をしてきました」

また自信のあるスローイングは二塁送球で最速1.80秒を計測するが、ポイントは左足だ。

「いくら肩が強くても投げるまでのタイミングが遅ければ、タイムは縮まりません。肩を強くすることはなかなかできないと思うので、タイムを縮めるにはステップが大事だと思います。自分の場合、甲斐(拓也)選手の捕球する前から左足を入れてスローイングする方法を昨秋から参考にしましたが、2年秋は盗塁を刺すことができました」

公式戦8試合で許盗塁はわずかに2つ。ほぼ守り続けて2盗塁しか許していないのだから、どれだけ素晴らしいかがわかる。

出典 高校野球ドットコム

Sponsored Links

最後に

江川侑斗捕手は、春の選抜大会ではあまりアピールすることはできませんでした。

 

しかし、この敗戦を糧にドラフト候補として頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links