阪神の岩貞祐太投手、オリックスの左澤優投手、楽天の渡邊佑樹投手など横浜商科大学は、プロ野球に進む左腕投手を輩出している大学!

 

2020年ドラフト候補として注目されている左腕の藤村哲之投手も、左腕として成長したくて、横浜商科大学を志望したそうです。

 

今回は、2020年ドラフト候補の横浜商科大学・藤村哲之投手について調べてみました。

Sponsored Links

藤村哲之投手のプロフィール

藤村哲之(ふじむら てつゆき)投手は、1999年1月21日生まれの20歳。

 

愛知県豊田市出身。

 

身長180cm、体重82㎏、左投げ左打ち。

 

藤村哲之投手は、小学校の時に水源パイレーツで野球を始め、小学校6年生の時にドラゴンズジュニアに選出されています。

 

豊田市立益富中学校時代は豊田シニアでプレーし、 愛工大名電高校に進学。

 

愛工大名電高校では1年からベンチ入り。

 

2年夏の愛知大会は、3回戦の瑞陵高校戦に先発して3回ノーヒット1奪三振無失点、5回戦の半田高校戦に2番手で登板して1回ノーヒット1四死球1奪三振無失点と好投しましたが、決勝で中京大中京高校に敗れています。(藤村哲之投手は準々決勝以降は登板せず)

 

3年夏の愛知大会は、1回戦の安城南高校戦に2番手で登板して1.1回をノーヒット2奪三振無失点、2回戦の至学館高校戦に先発して6回5安打2四死球6奪三振無失点、3回戦の豊川高校戦に先発して8.1回7安打1四死球4奪三振2失点、4回戦の中京大中京高校戦で9回8安打3四死球2奪三振1失点完投、準々決勝の愛産大三河高校戦で9回5安打9奪三振1失点完投、準決勝の西尾東高校戦で9回6安打2四死球10四死球1失点の成績を残しましたが、決勝の東邦高校戦では6回6安打8四死球1奪三振6失点と打ち込まれ、甲子園出場を逃しています。

 

藤村哲之投手は高校卒業後は横浜商科大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場!

 

3年春まではリーグ戦未勝利でしたが、3年秋は49.1回で3勝1敗、42被安打、18四死球、50奪三振、防御率1.82の好成績を残し、ベストナインに選出されています。

藤村は3年春までリーグ戦未勝利。転機はケガだ。同シーズン開幕後、左前腕に軽い肉離れを発症。離脱中は走り込みに加え、柔軟性の向上に取り組んだ。最速が2キロ上がり、昨秋は初勝利を含む3勝。防御率1・82でリーグベストナインに選ばれ、大学日本代表候補入り。

出典 日刊スポーツ

 

 

藤村哲之投手は、最速144キロの直球にスライダー、カーブ、ツーシーム、カットボール、チェンジアップの変化球を持つ左腕投手。

 

藤村哲之投手の動画はコチラ

最後に

藤村哲之投手は、制球力のある技巧派左腕ですが、球威や球速をさらに上昇させていけば、ドラフト指名も十分可能性がありそうです。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links