全国的には無名ながら、希望が丘高校の藤岡陸選手は、転校による1年間の出場停止期間があったにもかかわらず、本塁打を量産している右のスラッガー!

 

今回は、希望が丘高校のドラフト候補・藤岡陸選手に注目しました。

Sponsored Links

藤岡陸選手のプロフィール

藤岡陸(ふじおか りく)選手は2001年11月9日生まれの17歳。

 

福岡県宗像市出身。

 

身長186cm、体重80㎏、右投げ右打ち。

 

藤岡陸選手は、宗像市立南郷小学校1年の時に南郷NSクラブで野球を始め、宗像市立中央中学校では福岡福津ボーイズで捕手としてプレー。

 

中学3年生の時には、九州ブロック選抜で鶴岡一人記念大会に出場しています。

 

中学校卒業後は宮崎日大高校に進学しましたが、1年冬に希望が丘高校に転校!

福岡福津ボーイズの先輩が同校に進学しており、転校先を選ぶ際に石橋監督に相談。「心機一転頑張ろう」という言葉に「もう一回野球ができる」と喜びをかみしめた。

出典 西日本スポーツ

 

したため、高野連の規定により、1年間の出場停止期間を経て、3年春の福岡大会から出場!

 

3年春の福岡大会は、2回戦の直方高校戦で2本塁打を放つ活躍を見せましたが、4回戦で星琳高校に敗れています。

 

3年夏の福岡大会は4番サードで出場し、2回戦の育徳館高校戦で6打数2安打、3回戦では、九州国際大付属高校と対戦し、下村海翔投手から本塁打を放ちましたが、3回戦で敗れ、甲子園出場は叶いませんでした。

 

 

藤岡陸選手は、高校通算32本塁打の三塁手。

 

藤岡陸選手の動画はコチラ

最後に

藤岡陸選手にとっては、転校して環境を変えたことが、良かったのでしょうね。

 

また、1年間の出場停止期間を経験したことは、藤岡陸選手の精神を鍛え、強くしたことでしょう。

 

藤岡陸選手はプロ志望届を提出しましたが、育成ならば、ドラフトで指名される可能性はあると思います。

 

指名されるといいですね。

Sponsored Links