日本新薬の福永裕基選手は、走攻守揃った内野手として注目されるドラフト候補!

 

相手の隙をついて仕掛ける盗塁の技術は、1軍で使えるとスカウトからも高評価です。

 

今回は、日本新薬のドラフト候補・福永裕基選手に注目しました。

Sponsored Links

福永裕基選手のプロフィール

福永裕基(ふくなが ゆうき)選手は1996年9月16日生まれ。

 

滋賀県東近江市出身。

 

身長180cm、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

福永裕基選手は、7歳から野球を始め、中学時代は軟式の竜王ジャガースでプレー。

 

中学校卒業後は天理高校に入学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年夏の奈良大会は、6番サードで出場した3回戦の奈良大付属高校戦で5打数1安打2打点の成績を残しましたが、試合は4対12で大敗しています。

 

3年夏の奈良大会は3番サードで出場し、2回戦の高田商業高校戦で4打数2安打1四死球1打点、3回戦の西和清陵高校戦で4打数1安打1四死球1盗塁、準々決勝の御所実業高校戦で本塁打を含む5打数3安打3打点、準決勝の畝傍高校戦で4打数2安打と活躍しましたが、決勝の智弁学園高校戦では5打数ノーヒットに抑えられ、甲子園出場を逃しています。

 

福永裕基選手は、高校卒業後は専修大学に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年春にファーストでレギュラーを獲得し、2年秋は12試合に出場して49打数15安打、1本塁打、4打点、2盗塁、打率.306の好成績を残しています。

 

3年春のリーグ戦では、9試合に出場して40打数12安打、1打点、6盗塁、打率.364をマークしましたが、最下位に終わり、入替戦で立正大学に敗れ、二部に降格!

 

4年春からは主将となり、4年秋は二部ながら12試合に出場して39打数13安打、3本塁打、15打点、1盗塁、打率.333と打線を牽引し、二部優勝を果たしましたが、入替戦で敗れ、一部復帰は果たせませんでした。

 

大学卒業後、福永裕基選手は日本新薬に入社し、1年目から公式戦に出場!

 

社会人1年目の東京スポニチ大会では、準決勝の三菱日立パワーシステムズ 戦で浜屋将太投手(現 西武)から代打でツーラン、決勝の東芝戦でも代打で2試合連続本塁打を放つ活躍で、新人賞を獲得!

 

1年目の都市対抗野球大会では、2回戦のNTT東日本戦で代打で出場しましたが、1打数ノーヒットに終わっています。(2回戦敗退)

 

また、1年目の日本選手権大会では4番セカンドで出場し、1回戦の三菱日立パワーシステムズ 戦で5回に二塁打を放ちましたが、浜屋将太投手伊藤優輔投手に完封リレーされ、初戦で敗れています。

 

社会人2年目となる2020年は、都市対抗野球大会近畿地区2次予選1回戦のミキハウス戦で4番セカンドで出場して4打数1安打1打点、2回戦のNTT西日本戦で1安打、2盗塁の活躍を見せています。

日本新薬が0-1でNTT西日本に敗れ、第3代表を争うトーナメントへまわった。

即戦力内野手として今秋ドラフト候補の福永裕基内野手(23=専大)は1安打ながら、二盗を2個決め、スタンドで視察した8球団のスカウトに足をアピールした。50メートル6秒2。「特別に速くはないが、相手の隙を盗むのは得意。勇気、積極性でどんどん走っていきたい」と話した。

出典 日刊スポーツ

 

福永裕基選手は、パンチ力のある打撃に加え、積極的に盗塁を仕掛ける50m走6秒2の足、遠投110mの強肩を持つ内野手。

 

セカンドだけでなく、サードを守れるユーティリティもあります。

 

福永裕基選手の動画はコチラ

福永裕基選手のスカウト評

巨人・岸スカウト(2020/9/3付)

「走攻守そろった選手で候補に入ってくる」

 

巨人・岸スカウト(2020/9/10付)

「思い切りのよさ、盗塁の技術はすぐにでも1軍で使える。走れる右の内野手は少ない」

最後に

アグレッシブなプレーがアピールポイントという福永裕基選手ですが、盗塁のできる内野手というのは貴重でしょう。

 

ドラフト指名圏内には入ってきていると思います。

 

アピールを続けて、評価を上昇させてほしいですね。

 

Sponsored Links