2年夏の甲子園大会準々決勝の作新学院高校戦で、満塁本塁打を放ち、鮮烈な印象を残した元謙太選手!

 

投手としても、最速143キロをマークする二刀流選手として、ドラフト注目の選手となっています。

 

今回は、中京高校のドラフト候補・元謙太選手について調べてみました。

Sponsored Links

元謙太選手のプロフィール

元謙太(げん けんだい)選手は、2002年5月17日生まれ。

 

岐阜県多治見市出身。

 

身長186cm、体重85㎏、右投げ右打ち。

 

元謙太選手は、小学校の時は池田少年野球クラブでプレーし、小学校6年生の時にドラゴンズジュニアに選出。

 

多治見市立平和中学校時代は、岐阜東濃シニアに所属。

 

中学校卒業後は中京高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年秋の岐阜大会は、8番レフトで出場した準決勝の県岐阜商業高校戦で3打数1安打、投手として登板した決勝の大垣日大高校戦で9回5安打2四死球1奪三振1失点完投、6番打者として4打数1安打を記録し、中京学院大中京高校の優勝に貢献!

 

続く、1年秋の東海大会では、7番ライトで出場した準々決勝の三重高校戦で3打数1安打1四死球、準決勝の東邦高校戦で本塁打を含む3打数2安打4打点と活躍しましたが、投手として2番手で登板した東邦高校戦では0.1回2安打1失点と打たれています。

 

2年夏の岐阜大会は、8番レフトで出場した2回戦の岐阜東高校戦で3打数ノーヒット1四死球、2番に上がった3回戦の各務原西高校戦で3打数ノーヒット1打点、9番レフトで出場した4回戦の高山西高校戦で3打数ノーヒット1打点1盗塁、3番手で登板して1回1安打1四死球無失点、8番レフトで出場した準々決勝の岐阜各務野高校戦で本塁打を含む4打数2安打4打点、9番レフトで出場した準決勝の岐阜第一高校戦で2打数2安打1四死球3打点1盗塁と活躍!

 

決勝の大垣日大高校戦では8番レフトで出場して4打数1安打、投手としても3番手で登板して3回3安打1奪三振1失点に抑え、中京学院大中京高校の優勝に貢献!

 

2年夏の甲子園大会は、初戦の北照高校戦に9番レフトで出場して3打数3安打1四死球、投手としても3番手で登板して1回1安打1四死球1奪三振1失点、3回戦の東海大相模高校戦に3番レフトで出場して5打数ノーヒット2三振、投手として3番手で登板して0.1回をノーヒット2四死球1失点、7番に降格した準々決勝の作新学院高校戦で満塁本塁打を含む4打数2安打4打点、投手として4番手で登板して2回1安打無失点と活躍しましたが、準決勝の星稜高校戦では、奥川投手に抑えられ、3打数ノーヒット2三振、2番手投手としても1回2安打1四死球3失点と打たれ、準決勝で敗退しています。

 

2年秋から、元謙太選手は主将となりましたが、2年秋の岐阜大会は、2回戦で岐阜聖徳学園高校に惜敗。

 

3年夏の岐阜代替大会では、2回戦の市立岐阜商業高校戦に3番投手で出場し、10球団のスカウトが視察する中、打っては推定飛距離120mの逆転満塁弾、投げては先発して1失点完投とアピール!

 「勝負強さが自分の武器。真っすぐを何とか仕留められればと思っていました」

相手右腕のスライダーに苦しめられ、7回まで無得点。無理に相手の得意球を打ちにいくのではなく、甘い真っすぐに狙いを定めていた。3球目の高めに浮いた直球を完璧に捉えると、バットを思い切り一塁側ベンチへ放り投げて絶叫。打球は両翼97・6メートル、中堅122メートルと広い長良川球場の左中間ベンチの上の芝生で弾んだ。初戦の多治見との2回戦(1回戦の瑞浪戦は不戦勝)に続き2試合連発だ。

出典 スポニチ

 

 

元謙太選手は、勝負強く、パワーあふれる打撃に加え、50m走5秒9、投手として最速143キロをマークする二刀流選手。

 

守備でも、外野だけでなく、ショートもこなす運動能力の高い選手です。

 

元謙太選手の動画はコチラ

元謙太選手のスカウト評

楽天・山田潤スカウト(2020/7/28付)

「打撃のときに前に壁をつくれているから、打球が飛んでいく」

 

阪神・熊野輝光スカウト(2020/7/29付)

「巨人の坂本と岡本を足して2で割ったような選手」

最後に

元謙太選手は、野手としてプロ志望届を提出する予定のようですね。

 

おそらく、プロ志望届を提出すれば、ドラフト指名の可能性は高いでしょう。

 

先輩の藤田健斗選手に続く、プロ入りに向けて、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links