Sponsored Links

慶応大学の捕手・郡司裕也選手が2019年ドラフト候補として注目されています。

 

郡司裕也選手は、2018年侍ジャパン大学代表にも選出されている2019年ドラフト注目の選手!

 

今回は、慶応大学の郡司裕也捕手に注目してみました。

郡司裕也捕手のプロフィール

出典 サンスポ

 

郡司裕也(ぐんじ ゆうや)捕手は、1997年12月27日生まれの20歳。

 

千葉県市原市出身。

 

身長180cm、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

郡司裕也捕手は、市原市立水の江小学校2年生から軟式のちはら台ファイターズで野球を始め、市原市立ちはら台南中学校時代は千葉市リトルシニアでプレーしていました。

 

中学校3年生の時には、全国大会優勝を果たしています。

 

郡司裕也捕手は、中学校卒業後に仙台育英高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年秋から正捕手になり、2年秋の宮城大会決勝で東陵高校を8対6で破り、東北大会に出場!

 

2年秋の東北大会は4番捕手として起用され、2回戦の一関学院高校戦で3打数1安打1打点、準々決勝の日大東北高校戦で4打数2安打3打点、準決勝の八戸学院光星高校戦で3打数2安打、決勝の大曲工業高校戦で5打数3安打と活躍し、仙台育英高校の東北大会優勝に貢献!

 

その後、仙台育英高校は明治神宮野球大会に出場!

 

郡司裕也捕手は、2回戦の天理高校戦で3打数2安打4打点、準決勝の九州学院高校戦で4打数2安打1打点、決勝の浦和学院高校戦で5打数1安打1打点をマークし、明治神宮野球大会に尽力しました。

 

翌3年春の選抜大会で、郡司裕也捕手は4番捕手として出場し、1回戦の神村学園高校戦で5打数3安打を記録し、2回戦の敦賀気比高校戦でも4打数1安打の成績を残しましたが、相手投手の平沼翔太投手(現 日本ハム)に抑えられ、1対2で惜敗しています。

 

3年夏の宮城大会で古川工業高校を決勝で破り、甲子園出場を果たした仙台育英高校は、1回戦で明豊高校と対戦して、12対1で快勝!

 

郡司裕也捕手は、1回戦の明豊高校戦で5打数2安打1打点をマーク!

 

その後の試合でも、郡司裕也捕手は2回戦の滝川二高戦で本塁打、3回戦の花巻東高校戦で4打数1安打1打点、準々決勝の秋田商業高校戦で4打数1安打、準決勝の早稲田実業高校戦で3打数1安打1打点、決勝の東海大相模高校戦でも3打数1安打1打点と毎試合ヒットを打ちましたが、東海大相模高校に10対6で敗れ、準優勝となっています。

 

郡司裕也捕手は、高校卒業後は慶応大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年秋のシーズンから6番捕手としてレギュラーをつかみ、1年秋は12試合に出場し、41打数10安打1本塁打6打点、打率.244を記録!

 

2年春のシーズンは14試合に出場し、55打数19安打3本塁打12打点、打率.345の好成績を挙げ、初のベストナインに選出!

 

2年秋のシーズンは不調で打率.191と成績が下降しましたが、3年春のシーズンは13試合に出場し、52打数19安打1本塁打9打点、打率.365で2度目のベストナインに輝いています。

 

3年秋は14試合に出場し、48打数13安打1本塁打6打点、打率271の成績を残しています。

 

郡司裕也捕手は、全国大会には2年秋の明治神宮野球大会と3年春の全日本大学野球選手権大会に出場!

 

明治神宮野球大会2回戦の環太平洋大学戦で、郡司裕也捕手は7番捕手として出場し、2打数ノーヒット1四球の成績を残しています。(試合は1対5で敗戦)

 

全日本大学野球選手権大会では、準決勝の東北福祉大戦で4打数1安打1三振の成績を残しましたが、試合は3対7で敗れています。

 

また、侍ジャパン大学代表として出場したFISU世界大学野球選手権大会では、13打数7安打3打点4四球1三振の成績をマーク!

 

 

郡司裕也捕手は、遠投100m、大学通算8本塁打、打点40、打率.287の長打力を秘めるバランス型の捕手。

 

冷静なリードでチームを牽引し、打撃でも大振りしないで、巧打を放つ打撃が評価されています。

 

郡司裕也捕手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

郡司裕也捕手は、東洋大の佐藤都志也捕手とともに、大学生捕手としてドラフト上位候補といわれています。

 

バランス型捕手なので、ドラフト1位で指名されるかは分かりませんが、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links