全国屈指の大型左腕として、ドラフトで注目されている羽田慎之介投手は、未完の大器という言葉がピッタリの投手!

 

現状では、コントロールに不安がありますが、身体能力や伸びしろを考えると、魅力たっぷりの投手といえるでしょう。

 

今回は、八王子学園八王子高校のドラフト候補・羽田慎之介投手に注目しました。

Sponsored Links

羽田慎之介投手のプロフィール

羽田慎之介(はだ しんのすけ)投手は、2003年12月25日生まれ。

 

埼玉県所沢市出身。

 

身長191cm、体重87㎏、左投げ左打ち。

 

羽田慎之介投手は、所沢市立荒幡小学校2年の時に荒幡ライオンズで野球を始め、小学校時代は泉ホワイトイーグルスでプレーし、小学校6年の時に埼玉西武ライオンズジュニアに選出されています。

 

所沢市立山口中学校の時は東練馬シニアに所属し、ジャイアンツカップで準優勝!

 

中学卒業後は、八王子学園八王子高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年秋の秋季東京大会1次予選2回戦の昭和第一学園高校戦で、公式戦初登板初先発を果たし、9回4安打6四死球12奪三振1失点完投と好投!

身長191センチの大型左腕がついにベールを脱いだ。昭和第一学園との秋季大会2回戦に、公式戦初登板初先発。速球中心の配球で、9回4安打1失点12奪三振と上々のデビューを飾った。

ノビのある直球で空振りの山を築いたが、課題は制球力。この日も6四死球と荒れた。「ゲームメークをしっかりしていこうというつもりだったんですけど、あまり良くなかった」と反省した。

出典 日刊スポーツ

 

続く、1回戦の富士森高校戦では、最速144キロをマークして8回4安打8四死球10奪三振3失点、2回戦の国士舘高校戦では8回8安打1四死球7奪三振1失点、3回戦の日大鶴ケ丘高校戦では9回6安打6四死球10奪三振1失点完投と結果を残しましたが、準々決勝の関東一高戦で7回コールドで敗れています。(準々決勝は羽田慎之介投手は登板せず)

 

その後、羽田慎之介投手は左肘痛を発症しましたが、2月からキャッチボールを再開。

 

復帰した3年春の東京大会1回戦の小平西高校戦では、7回から3番手で登板し、1回ノーヒット3奪三振無失点に抑えています。

 

 

羽田慎之介投手は、最速146キロの直球にスライダー、チェンジアップ、フォークを織り交ぜるスリークォーター左腕。

羽田慎之介投手のスカウト評

巨人・青木高広スカウト(2020/10/19付)

「素材的にすばらしい。楽しみしかない。直球とフォームが阪神及川と似ている。体幹など身体が強くなればもっと良くなると思う」

 

巨人・脇谷スカウト(2021/4/5付)

「力のあるボール。腕が長く、コントロールも悪そうじゃない。ポテンシャルをすごく感じます。夏は、もっとスピードも上がってくるでしょう。」

 

DeNA・欠端スカウト(2021/4/5付)

「球威、スピードがあり、コントロールも悪くない。1イニングだけど、魅力があった。秋より腕の振りが良くなっている。」

 

日本ハム・坂本スカウト

「力みなく、バランスがいいし、球のキレが素晴らしい。全国屈指の左腕ではないでしょうか。」

 

楽天・部坂スカウト(2021/4/5付)

「身体能力が高い。ここから伸びていくでしょう。」

最後に

羽田慎之介投手は、いかにもプロのスカウトが好みそうなタイプ。

 

おそらく、プロ志望届を提出すれば、育成も含めてドラフト指名があるのではないでしょうか。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links