創価大学の萩原哲選手は、二塁送球1.8秒台の肩に加え、パンチ力を秘めた打撃が魅力のドラフト注目の捕手!

 

今回は、創価大学のドラフト候補・萩原哲選手に注目しました。

Sponsored Links

萩原哲選手のプロフィール

萩原哲(はぎわら てつ)選手は1998年5月18日生まれ。

 

京都府宇治市出身。

 

身長174cm、体重82㎏、右投げ左打ち。

 

萩原哲選手は、御蔵山スポーツ少年団で野球を始め、宇治市立木幡中学校時代は京都木津川シニアでプレー。

 

中学卒業後は日南学園高校に進学。

 

1年の時は右肘の剥離骨折や腰椎分離症と相次ぐ故障に悩まされていましたが、この時期にライバル校の偵察を任されたことが、捕手としてのターニングポイントになったそう。

「宮崎まで何しに来たんやろ……」

意気消沈する萩原だったが、このリハビリ期間が捕手としての転機になる。

ライバル校の偵察を任されるようになった萩原は、バックネット裏で試合を見ることが多くなった。そこで、バックネット裏に陣取る熱心な高校野球マニアを目の当たりにする。

「この人たち、鋭いことを言うなぁ」

スタンドで無責任に戦略を語り合う野球ファンの言葉が、意外と的を射ているように感じたのだ。萩原は当時を振り返る。

「言うことが結構ピンポイントで当たるんです。実際にグラウンドで戦っていると、試合に集中しすぎて冷静に考える余裕がないんですけど、ファンの人は冷静に野球を見ているんだなと思いました」

出典 Sportiva

 

2年春の宮崎大会で正捕手に抜擢され、決勝で都城高校を下し優勝!

 

続く、2年春の九州大会は初戦の飯塚高校戦で8番捕手で出場しましたが、4打数ノーヒットに終わり、試合も打撃戦の末、敗退しています。

 

2年秋の宮崎大会決勝の富島高校戦では5番捕手として出場し、5打数2安打1打点と活躍し、日南学園高校の優勝に貢献!

 

続く、2年秋の九州大会は、6番捕手で出場した初戦の長崎総大付属高校戦で1打数ノーヒット、準々決勝の樟南高校戦で3打数ノーヒット、5番に上がった準決勝の秀岳館高校戦で2打数1安打を記録しています。(準決勝敗退)

 

翌3年春の選抜大会は、初戦の明石商業高校戦で4打数1安打2三振に終わり、試合も9回サヨナラで敗れています。

 

3年夏の宮崎大会は、6番捕手で出場した2回戦の延岡商業高校戦で4打数2安打、3回戦の都城東高校戦で5打数2安打1四死球3打点、準々決勝の佐土原高校戦で5打数1安打、準決勝の宮崎工業高校戦で4打数2安打4打点、決勝の宮崎商業高校戦で3打数1安打1犠打飛をマークし、日南学園高校の優勝に尽力しています。

 

3年夏の甲子園大会は、1回戦の八王子高校戦で3打数1安打1犠打飛1打点、2回戦の市立和歌山高校戦で5打数4安打1打点と活躍しましたが、3回戦の北海高校戦では3打数ノーヒットに終わり、試合も1対4で敗れています。

 

萩原哲選手は高校卒業後は創価大学に入学し、1年春から正捕手に!

 

1年春は33打数12安打、打率.364、12打点の好成績を残し、最多打点とベストナインを受賞しています。

 

2年春には36打数11安打、1本塁打、5打点、3四死球、6三振、打率.306をマークしています。

 

萩原哲選手は、全国大会には1年秋の明治神宮大会、2年春の大学野球選手権大会、2年秋の明治神宮大会、3年春の大学野球選手権大会に出場!

 

1年秋の明治神宮大会は、2回戦の星槎道都大学戦に途中出場しましたが、打席はありませんでした。(2回戦敗退)

 

2年春の大学野球選手権大会は7番捕手で出場し、1回戦の宮崎産業経営大学戦で3打数ノーヒット2三振に終わっています。(初戦敗退)

 

2年秋の明治神宮大会は、初戦の関西国際大学戦に7番捕手で出場して4打数2安打と活躍しましたが、杉山投手が6回までに4点を奪われ、2対4で敗れています。

 

3年春の大学野球選手権大会は3番捕手で出場し、1回戦の大阪工業大学戦で3打数ノーヒット1四死球、2回戦の東北福祉大学戦で3打数1安打1四死球の成績を残しましたが、東北福祉大学の山野投手と津森投手に抑えられ、完封負けを喫しています。

 

4年秋の東京新大学リーグ開幕戦の駿河台大学戦では、10球団のスカウトが視察する中、3塁打を放つ活躍を見せ、強打の捕手としてアピールしています。

今秋ドラフト候補の創価大・萩原哲捕手(4年・日南学園)が阪神など10球団のスカウトの前で“打てる捕手”の片りんを示した。五回先頭で右中間への三塁打。「1球目の真っすぐにタイミングが合っていたので」と部を通じてコメントしたように、配球を読んでスライダーを捉えた。

雷雨による約1時間の中断があり、難しい試合展開となった。それでも、積極的にマウンドに向かうなど献身的にリード。視察した阪神・吉野スカウトは「間を取ったりだとかは必要な部分」と姿勢を評価した。

出典 デイリー

 

 

萩原哲選手は、遠投120m、二塁送球1.8秒台の強肩に加え、大学通算16本塁打をマークする強打の捕手。

 

萩原哲選手の動画はコチラ

萩原哲選手のスカウト評

巨人・野間口スカウト(2020/8/25付)

「(捕球から二塁までの)送球は1・9秒前後で、打てる捕手」

 

阪神・吉野スカウト(2020/9/3付)

「間を取ったりだとかは必要な部分」

 

楽天・鷹野史寿スカウト(2020/9/3付)

「スイングにクセがなく、スムーズにバットが出る。打てる捕手として楽しみ」

 

巨人・榑松伸介スカウト部次長(2020/9/3付)

「体勢が崩れても強い送球ができる。打撃も将来的には(プロで)2割8分で2桁本塁打も期待できる」

最後に

萩原哲選手は、強肩強打の捕手としてスカウトから注目されていますが、評価が上がってきていないという感じですね。

 

4年秋のリーグ戦などで活躍して、ドラフト候補としての評価を上げてほしいと思います。

Sponsored Links