Sponsored Links

東海大の2019年ドラフト候補といえば、捕手の海野隆司選手ともに、最速151キロ右腕の原田泰成投手が注目されます。

 

3年秋のシーズンでは、東海大のエースとして起用されていました。

 

今回は、2019年ドラフト候補の東海大学・原田泰成投手について調べてみました。

原田泰成投手のプロフィール

出典 日刊スポーツ

 

原田泰成(はらだ たいせい)投手は、千葉県千葉市出身の右腕。

 

身長180cm、体重92㎏、右投げ右打ち。

 

原田泰成投手は、小学生の時に仁戸名ファミリーズで野球を始め、千葉市立生浜中学校時代は市原ポニーベースボールクラブでプレー。

 

中学校卒業後、原田泰成投手は東海大望洋高校に進学。

 

2年春の千葉大会では、2回戦の千葉日大一高校戦に4点リードの8回無死一、二塁のピンチの場面で登板し、2点差まで追い上げられるものの、最速143キロの直球で後続を抑え、3回戦の習志野高校戦では先発で登板し2失点完投勝利を飾りましたが、準々決勝の松戸国際高校戦で5対8で敗退しています。

 

2年夏の千葉大会は、3回戦の西武台千葉高校戦で先発して7回3安打7四死球2奪三振2失点、5回戦の渋谷幕張高校戦で先発して8.2回1安打15奪三振無失点、準々決勝の国分高校戦で先発して5回4安打1四死球6奪三振無失点、決勝の専大松戸高校戦で2番手で登板し2.2回2安打3四死球2奪三振と好成績を残し、宇津木総選手との両輪で、東海大望洋高校の千葉大会優勝に貢献!

 

続く夏の甲子園大会初戦の城北高校戦で、原田泰成投手は先発して5回8安打1四死球3奪三振2失点と好投しましたが、リリーフした投手が打たれ、逆転で敗れています。(原田泰成投手は再登板し、0.1回ノーヒット無失点)

 

3年春の千葉大会は1回戦で多古高校に敗退し、3年夏の千葉大会は4回戦で習志野高校に敗退し、甲子園出場を逃しています。

 

原田泰成投手は、高校卒業後は東海大に進学し、1年春からベンチ入り。

 

2年春の筑波大学2回戦でリーグ戦初先発し、完投勝利!

 

2年秋の明星大学1回戦で3番手で登板し、2勝目をマーク!

 

3年春から主力投手となり、3年春は6試合に登板し、3勝1敗、防御率1.77で最優秀投手を受賞。

 

日体大戦では8.2回を15奪三振無失点に抑えています。

 

3年秋は5試合に登板し、4勝1敗、防御率1.36の成績を残しています。

 

全国大会は3年春の全日本大学野球選手権大会に出場し、1回戦で九州産業大と対戦して、原田泰成投手は先発として登板し、6回3安打1四球3三振1失点と好投しましたが、リリーフ投手が打たれ逆転で敗れています。

Sponsored Links

原田泰成投手は、がっちりした体型から最速151キロの速球にスライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップの変化球を織り交ぜる本格派右腕投手。

 

コントロールがまとまっていて、奪三振率が高い投手ですが、原田泰成投手本人もずばぬけたものはないと思っているようです。

2年次まで試行錯誤していた投球フォームが、投げ込みの成果で今春になって安定した。常時143キロ前後の直球が、コーナーにしっかりと決まるようになった。ただ原田は「現時点では自分の特徴的なもの、ずばぬけたものはないと思っています。球速ももっとランクを上げていかないと」と高い意識で冬の鍛錬に励んでいる。

出典 日刊スポーツ

 

原田泰成投手の動画はコチラ

最後に

原田泰成投手は、プロ志望のようですが、現時点ではドラフト上位は厳しいように思います。

 

この1年で、どれだけ評価を高められるか、期待したいですね。

Sponsored Links