Sponsored Links

2018年の夏の甲子園大会で、横浜高校の及川雅貴投手から本塁打を放ち、パンチ力のあるところを見せた橋本吏功選手!

 

花咲徳栄高校では、2018年ドラフト会議で、野村佑希選手が日本ハムからドラフト2位で指名されましたが、橋本吏功選手も野村佑希選手に続いて、ドラフト指名されるのでしょうか?

 

今回は、花咲徳栄高校の橋本吏功選手に注目してみました。

橋本吏功選手のプロフィール

出典 東京新聞

 

橋本吏功(はしもと りく)選手は、北海道洞爺湖町出身の外野手。

 

身長170cm、体重80㎏、右投げ右打ち。

 

橋本吏功選手は、洞爺湖町立虻田中学校時代は洞爺湖シニアに所属し、中学校卒業後は花咲徳栄高校に進み、1年からベンチ入り。

 

1年秋の新チームから5番センターのレギュラーをつかみ、1年秋の埼玉大会準決勝の山村学園高校戦で3打数2安打、決勝の市川越高校戦で5打数2安打1打点と活躍し、花咲徳栄高校の優勝に貢献!

 

続く秋季関東大会1回戦の中央学院高校戦でも3打数2安打と活躍しましたが、試合は3対6で敗れています。

 

橋本吏功選手は2年春の埼玉大会から1番バッターとなり、2年春の埼玉大会は、決勝で浦和学院高校に敗れましたが、準優勝で春の関東大会に出場!

 

2年春の関東大会1回戦の専大松戸高校戦では4打数1安打、2回戦の東海大相模高校戦では3打数1安打の成績を残しましたが、打撃戦の末、東海大相模高校に9回サヨナラで敗れています。

 

2年夏の北埼玉大会は、初戦の桶川西高校戦で2打数ノーヒット1四死球1打点、3回戦の八潮南高校戦で4打数2安打3打点、4回戦の春日部東高校戦で4打数2安打1四死球2打点1盗塁と活躍し、準々決勝の正智深谷高校戦で5打数ノーヒットに終わりましたが、準決勝の滑川総合高校戦で3打数1安打1四死球、決勝の上尾高校戦で5打数1安打1打点で花咲徳栄高校の優勝を牽引!

 

続く夏の甲子園大会では、1回戦の鳴門高校戦で5打数1安打、2回戦の横浜高校戦ではソロホームランを含む3打数3安打1打点と活躍しましたが、6対8で敗れています。

 

2年秋の埼玉大会は、3回戦で埼玉栄高校と対戦し、橋本吏功選手は本塁打を放ちましたが、6点のリードを逆転され、9対10で敗れています。

 

また、2019年初の対外試合となった桐蔭学園高校との練習試合では、橋本吏功選手は3安打2盗塁4得点の活躍を見せています。

プロ注目の橋本吏功(りく)外野手(2年)が3安打2盗塁4得点。5打席連続で出塁し「恐怖の2番」として存在感を見せた。腰痛で1カ月間、守備や走塁を控えていたが、この日に解禁。「結果は良かった。まだ芯で捉えきれていないので、命中率を高めたい」と振り返った。

昨秋は県大会3回戦で埼玉栄に6点差逆転負けを喫し、センバツ出場を逃した。11日夜には、シーズンインと同時に新主将に就任した吉倉英俊外野手(2年)を中心に、ミーティングで「勝ちたい」「とにかく勝とう」とナインで意気込んでいたという。今季初戦の勝利に貢献した橋本は「秋の関東チャンピオンに勝てて、勢いに乗れると思います」と喜んでいた。

出典 日刊スポーツ

Sponsored Links

橋本吏功選手は、高校通算21本塁打、50m走6秒0、遠投110mの小柄な俊足の外野手。

 

花咲徳栄高校では、韮澤雄也選手とともにドラフト候補として注目されています。

最後に

橋本吏功選手は、小柄ですがパンチ力のある俊足の外野手!

 

腰痛があるようですが、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links