Sponsored Links

巨人から育成ドラフト2位で指名された平井快青投手が、11月10日に仮契約を交わしました。

 

年俸は230万円、背番号は「012」番で決まったようです。

 

育成ですから、年俸は抑えられてしまいますが、早く支配下に登録されるといいですね。

 

今回は、巨人から育成ドラフト2位で指名された平井快青投手に注目しました。

平井快青投手のプロフィール

出典 https://yakyutaro.jp/

 

平井快青(ひらい かいせい)投手は、2000年9月12日生まれの18歳。

 

京都府京丹後市出身。

 

身長184㎝、体重73㎏、右投げ右打ち。

 

平井快青投手は小学校の時から軟式野球を始め、京丹後市立峰山中学校時代は京丹後ボーイズに所属していました。

 

岐阜第一高校では1年の時からベンチ入り。

 

平井快青投手は、1年秋から主戦投手となり、2年夏の岐阜大会2回戦の瑞浪高校戦では先発して、5回2安打1失点で勝利投手となり、3回戦の大垣商業高校戦でも7回9安打3失点とまとめましたが、相手の投手に打線が沈黙し、完封されています。

 

3年夏の岐阜大会では、3回戦の帝京大可児高校戦に先発し、6回コールドながら2安打完封勝利を挙げ、準々決勝の大垣南高校戦でも10安打打たれながら、3失点完投勝利を挙げ、岐阜第一高校のベスト4進出に貢献しましたが、準決勝の大垣日大高校に2対4で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

 

平井快青投手は、長身から投げ下ろす最速145キロの直球に落差の大きいフォークボール、スライダー、カーブなどの変化球を持つ本格派右腕。

 

体ができてくれば、まだまだスピードも早くなりそうです。

平井快青投手のスカウトコメント

中日・佐藤充スカウト (6/14付)

「ハマったときのストレートとフォークは非常に魅力的で追いかけたくなるそれを安定して投げられるようになれば。伸びしろは十分ある」

 

巨人・青木高広スカウト(10/25付)

「角度のあるストレートは低めでも球威が落ちず、初速と終速の差が少ない投手。腕の振りがよく、カーブにはブレーキがかかる。一番の強みはフォークで空振りを取れ、決め球に使える。体力をつければ大きく成長する可能性が十分ある」

 

巨人・青木高広スカウト(11/11付)

「しっかりと体をつくれば、直球、フォークとももっとよくなる」

Sponsored Links

最後に

平井快青投手は、指名された球団が巨人というのが微妙なところですね。

 

競争の激しい球団ですから、育成とはいえ、しっかりとアピールしていかなければ、早期退団につながりかねません。

 

頑張ってほしいと思います。

 

【追記】

11月23日、東京ドームで行われた「ジャイアンツ・ファンフェスタ2018」でドラフト会議・育成ドラフト会議で指名された新人選手10人のお披露目がありました。

 

平井快青投手のコメント

「応援してもらった人たちの期待に応え、その人たちが自慢できるような選手になりたい。一軍で活躍できるように頑張る」

Sponsored Links