伯和ビクトリーズのエース左腕の平岡航投手は、大学までは目立たない存在だったそうです。

 

しかし、社会人の伯和ビクトリーズで一気に成長し、今やドラフト候補に名を連ねています。

 

今回は、伯和ビクトリーズの平岡航投手に注目しました。

Sponsored Links

平岡航投手のプロフィール

平岡航(ひらおか わたる)投手は京都府京都市出身。

 

身長175cm、体重65㎏、左投げ左打ち。

 

平岡航投手は、鴨沂(おうき)高校入学後は1年からベンチ入り。

 

1年夏の京都大会1回戦の大谷高校戦では、3番手で登板して、0.2回を1安打に抑えましたが、試合は1対7で敗れています。

 

2年夏の京都大会1回戦の京都両洋高校戦では、2番手で登板して、3.2回を2安打4失点と打ち込まれ、初戦敗退しています。

 

3年夏の京都大会では、2回戦の洛水高校戦で9回3安打4四死球14奪三振完封、3回戦の木津高校戦で9回6安打3四死球6奪三振2失点と好投しましたが、相手投手に完封を許し、3回戦で敗れています。

 

平岡航投手は、高校卒業後は京都学園大学(現 京都先端科学大学)に進み、1年秋にベンチ入りを果たしますが、4年間で勝ち星を挙げることはできませんでした。

 

京都学園大学では、全国大会に2年春の全日本大学野球選手権大会と4年春の全日本大学野球選手権大会に出場!

 

2年春の全日本大学野球選手権大会では、1回戦の愛媛大学戦で2番手で登板して1回1安打1奪三振無失点、2回戦の専修大学戦で2番手で登板して7.1回6安打3奪三振無失点と好投しましたが、試合は1対2で惜敗しています。

 

4年春の全日本大学野球選手権大会では、1回戦の大阪商業大学戦で2番手で登板して、0.1回をノーヒットながら3四死球を与えてしまい、最後は押し出しでサヨナラ負けを喫しています。

 

平岡航投手は大学卒業後は、伯和ビクトリーズに入社し、1年目から公式戦に出場!

 

入社1年目となる2018年は、都市対抗野球大会中国地区予選で、ツネイシブルーパイレーツ戦に先発して6.1回を4安打2四死球6奪三振1失点、シティライト岡山戦に先発して4.2回を1安打4四死球7奪三振無失点、JFE西日本戦で5番手で登板して3回を3安打2奪三振無失点に抑え、伯和ビクトリーズの都市対抗野球大会出場に貢献!

 

しかし、続く都市対抗野球大会本戦では、1回戦の鷺宮製作所戦に先発しましたが、3回途中で5安打1四死球と打ち込まれ途中降板し、試合も2対4で敗れています。

 

また、日本選手権大会中国地区予選では、1回戦のツネイシブルーパイレーツ戦に先発し、5.1回を6安打7奪三振3失点(試合は0対3で敗戦)、敗者復活戦一回戦の光シーガルズ戦に先発し、4.2回を6安打2奪三振2失点と試合をつくりましたが、相手投手に完封を許し、敗退しています。

 

入社2年目となる2019年は、都市対抗野球大会一次広島県予選で、MSH医療専門学校戦に先発して5回を2安打9奪三振無失点、JR西日本戦に先発して6回を5安打2四死球5奪三振2失点の成績を残し、都市対抗野球大会中国地区二次予選のシティライト岡山戦では自己最速の146キロをマークし、5.2回を9奪三振2失点と試合を作っています。

細腕が奪三振ショーを演じた。今秋ドラフト指名候補の伯和ビクトリーズ・平岡航投手(23=京都先端科学大)が先発し、5回2/3を2失点と力投。9奪三振を記録するなど、スタンドで視察したプロのスカウト陣に実力を示した。

身長は1メートル75だが、体重は野球選手としては軽量の65キロ。スマートな体を躍動させ、左腕からキレのある球を投げ込んだ。初回を3者凡退で立ち上がると2回以降は粘りの投球。2、3、4回は得点圏に走者を送りながらも無失点でしのぎ、1―0の5回2死一、二塁から2点二塁打を浴びたが、それ以上の得点は許さなかった。「場面、場面で全力を尽くして、疲れたら次の投手…という感じで行きました」。直球は初回から自己最速に並ぶ146キロを計測した。

出典 スポニチ

 

 

平岡航投手は、最速146キロの直球にスライダー、カットボール、カーブなどの変化球を織り交ぜる細身の左腕。

 

平岡航投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

平岡航投手は、1日4~5食の食事に加え、プロテインなどを摂取することで、体重を大学時代から5キロ増やしたそうですが、プロを意識するならば、体重をもう少し増やした方がいいでしょう。

 

また、平岡航投手は試合を作れる左腕なので、都市対抗野球大会や日本選手権大会で活躍すると、ドラフトの評価も上がってきそうですね。

 

頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links