春日部共栄高校の平尾柊翔選手が、プロ志望届を提出しましたね。

 

平尾柊翔選手は、祖父がプロ野球選手、叔父が社会人でプレーした選手という環境に育ち、自身もU-15日本代表で4番を務めています。

 

今回は、春日部共栄高校のドラフト候補・平尾柊翔選手に注目しました。

Sponsored Links

平尾柊翔選手のプロフィール

平尾柊翔(ひらお しゅうと)選手は、2003年2月18日生まれ。

 

埼玉県上尾市出身。

 

身長175cm、体重73㎏、右投げ左打ち。

 

平尾柊翔選手は、上尾市立大石南小学校時代は 大石南ミラクルズに所属し、上尾市立大石南中学校の時は軟式野球部でプレー。

 

中学3年生の時はKB埼玉県選抜に選出され、全国大会に出場!

 

その後、内山壮真選手根本悠楓投手らとともにU-15日本代表に選出され、アジア選手権に出場し、4番打者として日本の優勝に貢献しています。

 

中学卒業後は春日部共栄高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

1年秋の埼玉大会は3番打者として、準々決勝の上尾高校戦で本塁打、決勝の東農大三高戦でも4打数3安打と活躍!

 

続く、1年秋の関東大会は3番レフトで出場し、初戦の藤代高校戦で4打数2安打1四死球2打点、準々決勝の横浜高校戦で3打数1安打1四死球1打点、準決勝の山梨学院高校戦で3打数ノーヒット1四死球、決勝の桐蔭学園高校戦で4打数2安打1四死球1打点の成績を残しましたが、決勝は村田賢一投手が打たれ、敗れています。

 

翌2年春の選抜大会は、1回戦で高松商業高校と戦いましたが、平尾柊翔選手は香川投手を相手に3打数ノーヒット3三振に終わり、試合も完封負けを喫しています。

 

2年春の埼玉大会は、決勝で豆田泰志投手を擁する浦和実業高校を9回サヨナラで破り、関東大会に出場!

 

続く、2年春の関東大会は3番レフトで出場し、初戦の栃木工業高校戦で2打数2安打1四死球3打点、準々決勝の東海大菅生高校戦で4打数3安打をマークしましたが、準々決勝は1対6で敗れています。

 

2年夏の埼玉大会は、2回戦の所沢高校戦で本塁打を含む4打数2安打2打点、3回戦のふじみ野高校戦で4打数2安打1盗塁1打点、4回戦の栄北高校戦で本塁打を含む3打数3安打1四死球1打点、5回戦の武南高校戦で3打数ノーヒット1四死球、準々決勝の昌平高校戦で2打数1安打1四死球1犠打飛2打点、準決勝の花咲徳栄高校戦で4打数2安打1打点と活躍しましたが、準決勝で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

2年秋の埼玉大会は、3回戦の本庄東高校戦でツーランを放つ活躍!

一回に2点を先行しながら、本庄東に追い付かれ、二回に3点を勝ち越された春日部共栄は、四回に5本の長短打などで6点を奪ってひっくり返した。五回に1点差まで詰め寄られると六回に1点、八回に3点、さらに九回にはプロ注目の平尾柊翔外野手(2年)の右越え2ランで2点を追加し、3投手の継投で振り切った。

平尾は、「打ったのはスライダー。その前の打席(四球)で足を上げるタイミングを遅らせて球がよく見えるようになって、最後の打席はうまく振れた」と通算8本目の本塁打を振り返った。

出典 サンスポ

 

しかし、準々決勝の川口市立高校戦は1対2で惜敗しています。

 

 

平尾柊翔選手は、広角に長打を放つ埼玉屈指のスラッガー。

 

中学通算30本塁打で、足も速い選手のようですね。

最後に

広角に打ち分ける打撃が魅力の平尾柊翔選手ですが、現状はスカウトの評判はあまり見られません。

 

3年夏の埼玉代替大会で、アピールを続けて、ドラフト指名されるといいですね。

Sponsored Links