2018年夏の甲子園の龍谷大平安高校戦で、最速148キロの速球を投げ、注目された廣澤優投手!

 

同じ日大三高の井上広輝投手や平野将伍投手とともに、2019年ドラフト候補として名前が挙がっています。

 

今回は、日大三高の廣澤優投手に注目しました。

Sponsored Links

廣澤優投手のプロフィール

廣澤優(ひろさわ ゆう)投手は、東京都世田谷区出身。

 

身長189cm、体重78㎏、右投げ右打ち。

 

廣澤優投手は、世田谷区立玉堤小学校時代に大田リトルで野球を始め、世田谷区立尾山台中学校の時は世田谷西シニアでプレーしていました。

 

中学校卒業後、廣澤優投手は日大三高に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年春の東京大会3回戦の日体大荏原高校戦で先発し、相手の4番打者に本塁打を浴びるなど、4回4安打2四死球3奪三振2失点。

 

しかし、決勝の国士館高校戦では先発し、5回4安打無失点と好投し、日大三高の春季東京大会優勝に貢献!

 

続く、関東大会で、廣澤優投手は1回戦の桐光学園高校戦、2回戦の山梨学院高校戦、準決勝の常総学院高校戦の3試合に登板し、10失点と結果を残すことはできませんでしたが、145キロをマークし、素材の良さをアピールしました。

 

2年夏の西東京大会は、3回戦の杉並高校戦で4番手で登板して3回4安打7奪三振1失点、4回戦の豊多摩高校戦で2番手で登板して5回5安打8奪三振2四死球1失点、準々決勝の片倉高校戦で2番手で登板して3回3安打3奪三振4四死球3失点、準決勝の東海大菅生高校戦で先発して2回6安打4四死球5失点の成績を残しています。

 

そして、2年夏の甲子園大会3回戦の龍谷大平安高校戦で、廣澤優投手は衝撃デビューを飾ります。

 

甲子園初先発した廣澤優投手は、自己最速を更新する148キロの速球で、龍谷大平安高校を相手に5回2安打2四球3奪三振2失点に抑える好投!

1回、先頭打者は自己最速を1キロ更新する147キロで空振り三振。3番打者への3球目に148キロをマークした。2回戦の奈良大付戦では、同じ2年生の井上広輝投手が自己最速を3キロ更新する150キロをマーク。「自分も結果を出して、いい投球をしたいと思った。課題はありますが、試合を作れて良かったです」と話した。

出典 日刊スポーツ

 

準決勝の金足農業高校戦でも先発として起用され、3.2回を6安打2四球2奪三振1失点の成績を残しました。

 

2年秋の東京大会は1回戦で目白研心高校と対戦し、廣澤優投手は登板しませんでしたが、試合は5対7で敗れています。

 

 

廣澤優投手は、長身から投げ下ろす最速148キロの速球に、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を操る右腕投手。

 

開きが早いため、コントロールに不安がありますが、同じ日大三高の井上広輝投手と比べてもボールの威力は遜色ないレベルです。

 

廣澤優投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

日大三高には、井上広輝投手や平野将伍投手という良きライバルがチーム内にいます。

 

最後の夏に向けて頑張ってほしいですね。

Sponsored Links