阪神の正捕手を務める梅野隆太郎選手を輩出した福岡工大城東高校で、2020年ドラフト候補として注目されているのが、誉田貴之選手です。

 

誉田貴之選手は、二塁送球最速1秒8の強肩を誇る捕手で、守備力が評価されているようです。

 

今回は、福岡工大城東高校の誉田貴之選手について調べてみました。

Sponsored Links

誉田貴之選手のプロフィール

誉田貴之(ほんだ たかゆき)選手は福岡県出身。

 

身長177cm、体重73㎏、右投げ右打ち。

 

誉田貴之選手は、中学時代は筑紫エンデバーズでプレー。

 

中学卒業後は福岡工大城東高校に入学。

 

2年夏の福岡大会は4番捕手で出場し、2回戦の筑前高校戦で4打数1安打2打点、3回戦の福翔高校戦で3打数1安打2打点、4回戦の青豊高校戦で4打数1安打を記録しましたが、5回戦の小倉工業高校戦では5打数ノーヒットに終わり、試合も延長11回にサヨナラで敗れています。

 

2年秋の福岡大会は、準決勝の八幡南高校戦で本塁打を含む5打数4安打2打点をマークしましたが、決勝で福岡第一高校に打撃戦の末、敗退。

 

続く、2年秋の九州大会初戦の沖縄尚学高校戦では4番捕手で出場し、打撃の方では4打数ノーヒットに終わりましたが、投手陣を好リードし、相手打線を2点に抑えています。(試合は1対2で惜敗)

 

3年夏の福岡代替大会福岡地区3回戦では、福岡第一高校と対戦し、2球団のスカウトが視察する中、打撃でタイムリーヒットを放つ活躍、守備でも投手陣を完封に導く好リードを披露!

8回途中でノーゲームになった“第2ラウンド”を含め3試合無得点だった打線が、初回に2点を先制。誉田の見せ場は2点リードの3回1死二塁だ。2ストライクと追い込まれた3球目の浮いた変化球を捉えて中前に運ぶ適時打。追加点をもたらし「一本出てくれて良かったです」と話した。

守りでは二塁までの送球1・8秒の強肩を披露する場面はなかったが、先発のエース右腕、西野の5安打完封を導く好リード。「初回からテンポも良かったし、気持ちがこもっていた。外角、内角の出し入れもしっかりできていた」とエースを称えた。

出典 スポニチ

 

誉田貴之選手は、二塁送球最速1秒8の強肩に加え、パンチ力のある打撃が注目される九州屈指の捕手。

 

誉田貴之選手の動画はコチラ

誉田貴之選手のスカウト評

巨人・武田康スカウト(2020/7/31付)

「打撃も良くなっている。捕手としてもキャッチングが上手だし、捕ってからも早くてセンスを感じる」

最後に

誉田貴之選手はプロ志望届を提出しましたが、ドラフト指名の可能性は微妙なところでしょうね。

 

頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links