Sponsored Links

2019年の千葉県を代表する投手といえば、習志野高校の飯塚脩人投手の名前が挙がります。

 

最速145キロ右腕として、2019年ドラフト候補として注目されている飯塚脩人投手ですが、中学校時代は2番手、3番手という控えのピッチャーだったそうです。

 

今回は、習志野高校の飯塚脩人投手に注目してみました。

飯塚脩人投手のプロフィール

出典 高校野球ドットコム

 

飯塚脩人(いいづか しゅうと)投手は、千葉県習志野市出身の投手。

 

身長181cm、体重78㎏、右投げ右打ち。

 

飯塚脩人投手は、小学校2年生の時に大久保フロッグスで野球を始め、習志野市立第二中学校時代は軟式野球部でプレー。

 

習志野市立第二中学校時代は控えの投手で、外野手として出場していたそうです。

 

中学校卒業後、飯塚脩人投手は習志野高校に入学!

名門をたたくと、周囲のレベルの違いに驚く。「軟式上がりでしたので、先輩や同い年の硬式出身の投手や打者を見ているとパワーが違うと思いました」 それでも投手として負けたくない気持ちはあった。まず80キロと太り気味だった体重を落とすためにひたすらランニングを行い、1年秋には67キロまで落とした。球速は120キロ中盤と速くなかった。飯塚の投球フォームは強い上半身を生すところが特徴的だが、入学当初は「立ち投げで上半身投げで今よりもひどかったです」といえば、小林徹監督は「めちゃくちゃでした」と苦笑いする。

出典 高校野球ドットコム

 

ベンチ入りした2年春の千葉大会では、3回戦の東京学館浦安高校戦で先発して7回無失点(7回コールド)と好投しましたが、決勝の木更津総合高校戦では先発して4.1回8安打5失点と打ち込まれ、試合も2対6で敗れています。

 

続く、2年春の関東大会では、準々決勝の日大三高戦に先発して、4.2回6安打4失点と打たれています。

県大会決勝では木更津総合、関東大会では日大三相手に先発した。 「木更津総合は強かったです。今まで対戦した打者よりも個々のスキルが高くて実力で負けたという感じでした。抑えるためにフォークも投げたんですけど、それも捉えますし、力負けしました。また日大三戦は調子自体は良かったのですが、打者のレベルが一枚も二枚も上手でしたね」

出典 高校野球ドットコム

 

2年夏の西千葉大会は、2回戦の佐倉高校戦で先発して1.2回2安打2失点と崩れましたが、3回戦の松戸六実高校戦で先発して6回5安打2失点、4回戦の県立船橋高校戦で先発して8回1安打無失点、準々決勝の西武台千葉高校戦で2番手で登板して0.1回ノーヒット無失点と好投しました。

 

2年秋から、飯塚脩人投手は抑えを担い、2年秋の千葉大会では、準決勝の銚子商業高校戦で2番手で登板して5.1回を3安打1失点に抑え、習志野高校の千葉大会決勝進出に貢献しています。

 

2年秋の千葉大会で準優勝した習志野高校は、関東大会に出場!

 

関東大会では、飯塚脩人投手は抑えで、1回戦の桐生第一高校戦に6回から登板して9回4安打2四死球8奪三振無失点(延長14回)、 準々決勝の東海大甲府高校戦で8回から登板して2回2安打1四死球3奪三振無失点、 準決勝の桐蔭学園高校戦で3.2回を6安打無死四球6奪三振2失点と抑えましたが、試合は2対4で敗れています。

 

Sponsored Links

 

飯塚脩人投手は、最速145キロの速球に縦のスライダー、フォーク、カーブを投げるスリークォーター投手。

 

冬を超えて、150キロを越えてくると、更に評価が高まりそうです。

 

飯塚脩人投手の動画はコチラ

最後に

飯塚脩人投手は中学時代は控えの投手でしたが、習志野高校に入学してから伸びてきた投手。

 

選抜大会や夏の大会で進化した姿を見せてほしいですね。

Sponsored Links