東農大三高の飯島一徹投手は、右腕では、春日部共栄高校の村田賢一投手とともに、埼玉ではドラフト候補に挙がる好投手です。

 

3年春の埼玉大会では、強豪の花咲徳栄高校を破る原動力になりました!

 

今回は、東農大三高の飯島一徹投手に注目しました。

Sponsored Links

飯島一徹投手のプロフィール

飯島一徹(いいじま いってつ)投手は、埼玉県北本市出身。

 

身長181cm、体重82㎏、右投げ右打ち。

 

飯島一徹投手は、北本市立北本中学校の時は軟式野球部に所属し、東農大三高に進学。

 

東農大三高では1年からベンチ入り。

 

2年夏の北埼玉大会では、2回戦の杉戸高校戦で2番手で登板して4回3安打1失点、3回戦の熊谷高校戦で2番手で登板して2回3安打2失点、4回戦の滑川総合高校戦では2番手で登板して8.1回を10安打6失点の成績を残しています。(4回戦は7対10で敗戦)

 

2年秋の埼玉大会では、準決勝の立教新座高校戦で2番手で登板して1.1回をノーヒット無失点に抑えましたが、決勝の春日部共栄高校戦では8回無死2塁の場面で登板し、追加点となる犠飛を打たれて1対4で敗れています。

 

続く、2年秋の関東大会1回戦の佐野日大高校戦では、2番手で登板して、1回2安打1四死球3失点と打たれ、初戦で敗退しています。

 

3年春の埼玉大会では、初戦の大宮東高校戦で先発して9回4安打完封し、準々決勝では強豪の花咲徳栄高校に9回5失点ながら完投勝利!

花咲徳栄の強力打線の猛攻を振り切り、飯島一徹投手(3年)はゲームセットの瞬間に泣いた。「花咲徳栄や浦和学院を倒してベスト4に入ることを目標に、東農大三に入りました。勝てたことがものすごくうれしくて」。仲間たちと抱き合った。

最速145キロの直球に微妙に球速差をつけ、ここまで県大会3試合連続2ケタ得点の花咲徳栄打線を苦しめた。「屈せず、強気で、闘志をむき出しに行こうと思いました」。母玲奈さんが昭和を代表する野球漫画「巨人の星」の星一徹から名付けた17歳が、最後まで名前のように筋を通して投げ抜いた。

飯島は、打席でも3回1死満塁で走者一掃の左越え二塁打を放つ大活躍。「エンドランのサインのつもりで打ったら、どうやらスクイズのサインだったみたいで」と運も味方した。

出典 日刊スポーツ

 

しかし、準決勝の浦和実業高校戦では、2対4で敗退しています。(飯島一徹投手は登板せず)

 

 

飯島一徹投手は、最速145キロの速球にスライダー、カーブ、カットボール、フォークボールを持つ本格派右腕。

 

飯島一徹投手の動画はコチラ

Sponsored Links

飯島一徹投手のスカウト評

中日・松永幸男編成部長(2019/5/18付)

「打たれてしまったが体の強さはある」

最後に

飯島一徹投手は、打撃もいい選手のようですね。

 

投手として、平均球速を上げていけば、ドラフト候補として、さらに評価が高まるでしょう。

Sponsored Links