大阪桐蔭高校の池田陵真選手は、カル・リプケン世界少年野球大会で世界一を経験し、中学3年の時にはU-15日本代表の4番打者を務めた長打力が魅力の選手!

 

ドラフト候補の西野力矢選手仲三河優太選手らが卒業した後は、大阪桐蔭高校を引っ張る存在となっていくでしょう。

 

今回は、大阪桐蔭高校のドラフト候補・池田陵真選手に注目しました。

Sponsored Links

池田陵真選手のプロフィール

池田陵真(いけだ りょうま)選手は2003年8月24日生まれ。

 

大阪府和泉市出身。

 

身長172cm、体重78㎏、右投げ右打ち。

 

池田陵真選手は、小学校1年から兄の影響で野球を始め、小学校5年から捕手としてプレー。

 

小学校6年の時にはオリックスバファローズジュニアに選出されています。

 

和泉市立和泉中学校時代は忠岡ボーイズに所属し、中学1年の時にカル・リプケン世界少年野球大会の主将に選ばれ、世界一に!

 

中学3年の時には、U-15日本代表に選出され、4番打者を務めています。

 

中学卒業後は大阪桐蔭高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

1年秋の近畿大会は1番センターで出場し、1回戦の立命館守山高校戦で3打数2安打1四死球2打点、準々決勝の明石商業高校戦で3打数ノーヒット1四死球、準決勝の智弁学園高校戦で4打数2安打1四死球、決勝の天理高校戦で5打数1安打の成績を残しましたが、決勝は4対12で敗れています。

 

2年夏の大阪代替大会は、初戦の吹田高校戦で3回にソロ本塁打を放ち、3回戦の高槻高校戦でも2試合連続となる本塁打を放っています。

打の2年生も負けていない。池田は2回無死で左越えに2試合連続本塁打をぶち込んだ。筋トレで胸板が厚くなり、ベンチプレスは125キロ。U15日本代表で4番を務めた1番打者は「いい選手ばかりで練習から気が抜けない」と、同学年に刺激を受けている。

出典 スポーツ報知

 

 

池田陵真選手は、広角に強い打球を飛ばす強打に加え、50m走6秒3の走力を持つ外野手兼捕手。

 

身長が同じように低い大阪桐蔭高校先輩の森友哉選手を、憧れの選手として挙げています。

 

池田陵真選手の動画はコチラ

池田陵真選手のスカウト評

巨人・渡辺スカウト(2020/8/4付)

「(関戸康介投手・松浦慶斗投手・池田陵真選手の)3人は来年の(ドラフト)候補に入ってくる。(池田は)小さい中田(翔)みたい。体に力があり、球に対してスムーズにバットが出る」

最後に

池田陵真選手のアピールポイントは、フルスイングと長打力のようです。

 

憧れの先輩である森友哉選手のように活躍して、ドラフトで上位指名されるように頑張ってほしいですね。

Sponsored Links