ヤマハの池谷蒼大投手は、高校時代に静岡のドクターKといわれた左腕投手!

 

ヤマハ入社2年目には、都市対抗野球大会と日本選手権での登板を経験しています。

 

今回は、ヤマハのドラフト候補・池谷蒼大投手に注目しました。

Sponsored Links

池谷蒼大投手のプロフィール

池谷蒼大(いけや そうた)投手は1999年8月2日生まれ。

 

静岡県浜松市出身。

 

身長174cm、体重77kg、左投げ左打ち。

 

池谷蒼大投手は、浜松市立積志小学校2年の時に浜松ドジャースで野球を始め、小学校6年の時に中日ドラゴンズジュニアに選出されています。

 

浜松市立積志中学校時代は軟式野球部でプレー。

 

中学卒業後は静岡高校に進学しますが、1年6月に腰を痛めたため、リハビリを行うともに、怪我が再発しないように栄養士と相談しながら、栄養バランスに配慮した食事をしていたそう。

 

1年秋にはベンチ入りを果たしますが、無理をさせず、腰の完治を待って、冬のトレーニングをスタート!

 

翌2年春の練習試合では最速140キロをマークしますが、監督の方針で、怪我が再発しないように、徐々にイニング数を増やす慎重な起用に終始!

 

エースとなった2年秋の静岡大会は、3位決定戦の東海大静岡翔洋高校戦で2番手で登板して6回3安打1失点に抑え、静岡高校の東海大会出場に貢献!

 

続く、2年秋の東海大会は、1回戦の桜丘高校戦で9回5安打3四死球10奪三振1失点完投、準々決勝の海星高校戦で8回5安打1四死球10奪三振1失点完投(8回コールド)、準決勝の三重高校戦で8回6安打無四死球9奪三振2失点完投(8回コールド)、決勝の至学館高校戦で2番手で登板して2.2回を1安打無失点に抑える好投を披露し、静岡高校の東海大会優勝の原動力となっています。

 

翌3年春の選抜大会は、1回戦の不来方高校戦で先発して7回6安打無四死球9奪三振1失点に抑えましたが、2回戦の大阪桐蔭高校戦では初回に6点を奪われ、試合も8対11で敗れています。(大阪桐蔭戦は8.1回14安打7奪三振2四死球11失点)

 

3年夏の静岡大会は、2回戦の浜名高校戦で9回9安打2四死球9奪三振2失点完投、3回戦の浜松北高校戦で9回8安打2四死球18奪三振2失点完投、準々決勝の常葉大橘高校戦で9回9安打無四死球10奪三振2失点完投と好投を見せましたが、準決勝の藤枝明誠高校戦では先発したものの、7回18安打4四死球2奪三振12失点と打ち込まれ、準決勝で敗退しています。

 

高校卒業後はヤマハに入社し、1年目から公式戦に出場!

 

入社2年目の都市対抗野球大会では、2回戦のJR東日本戦に5番手で登板して0.1回をノーヒット無失点に抑えています。

 

また、入社2年目の日本選手権では、2回戦の王子戦で2番手で登板して1回1安打2奪三振無失点と好投しています。

 

投球フォームを微修正し、球威が増した入社3年目となる2020年は、3月に行われた永和商事ウイングとのオープン戦で3回から登板して3回を3安打1失点、9月に行われた明治安田生命とのオープン戦で3番手で登板して2回を2安打無失点に抑えています。

都市対抗野球東海地区2次予選(15日開幕・岡崎)に出場するヤマハは6日、磐田市内で昨年都市対抗16強の明治安田生命とオープン戦を行い、0―6で敗れた。

収穫は3番手で登板した池谷蒼大投手(21)だ。静高出身で、最速147キロを誇る今秋ドラフト候補左腕は2安打を浴びた5回を0で切り抜けると、6回は相手クリーンアップを3人斬り。5番から見逃し三振も奪い「悪くない。順調です。(2次予選に向け)もう一段階、球の強さ、キレを上げていく」とうなずいた。

出典 スポーツ報知

 

 

池谷蒼大投手は、最速147キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜる小柄な左腕。

 

池谷蒼大投手の動画はコチラ

池谷蒼大投手のスカウト評

オリックス・牧田チーフスカウト(2017/3/19付)

「上背はないけれど、真っすぐで内角を突けるのが魅力。変化球に頼らず、真っすぐで押す投球を見たい」

 

ヤクルト・小川淳司シニアディレクター(2017/3/25付)

「リストの利いた直球とスライダーで7回を6安打1失点。無四球だった。この日は立ち上がりに失点したが、制球は安定していた。夏までに、スピードを含めて投球全般をどうスケールアップできるかにも注目したい」

 

日本ハム・大渕スカウト 部長(2017/4/7付)

「球質がいい。球持ちがよくて、ベース板の上で伸びている」

最後に

池谷蒼大投手は小柄な左腕ですが、コントロールが安定していて、内角を突けるのが魅力の投手!

 

2020年はドラフト解禁となりますが、個人的には、社会人で実績を積んでから、プロ入りを目指した方が良いと思います。

Sponsored Links