2019年夏の甲子園大会で、OBの松井秀喜氏と並ぶ1試合7打点をマークした星稜高校の今井秀輔選手!

 

惜しくも、サイクルヒットは逃しましたが、その長打力は魅力があります。

 

今回は、星稜高校の今井秀輔選手に注目しました。

Sponsored Links

今井秀輔選手のプロフィール

今井秀輔(いまい しゅうすけ)選手は、2002年4月5日生まれの17歳。

 

石川県金沢市出身。

 

身長185cm、体重87㎏、右投げ右打ち。

 

今井秀輔選手は、小学校1年から野球を始め、金沢市立紫錦台中学校時代は金沢シニアでプレーし、中学校3年生の時に東海地区選抜で台湾遠征を経験しています。

 

中学卒業後は、希望していた星稜高校に入学。

星稜進学を希望するきっかけになったのは、小学6年でテレビ観戦した14年の石川大会決勝。0-8の九回に小松大谷から9点を奪ってサヨナラ勝ちした、あの大逆転劇だった。中学で経験を積み、あこがれの黄色のユニホームに袖を通すことができた。

出典 毎日新聞

 

星稜高校では、1年秋の明治神宮野球大会からベンチ入り。

 

1年秋の明治神宮野球大会は、準決勝の高松商業高校戦で代打で出場しましたが、ノーヒットに終わっています。

 

2年春の選抜大会は、ベンチ入りしましたが、出場機会がなく、2回戦で敗退しています。

 

2年夏の石川大会は、3回戦の金沢大付属高校戦で代打から出場して2打席連続本塁打4打点の活躍!

 

続く、準決勝の鵬学園高校戦では代打から出場して2打数ノーヒット、決勝の小松大谷高校戦では代打で出場して四死球で出塁しています。

 

2年夏の甲子園大会は、2回戦の立命館宇治高校戦で代打で出場してノーヒット、3回戦の智弁和歌山高校戦では、途中からレフトの守備に就きましたが、打席はありませんでした。

 

しかし、2番レフトで初スタメンとなった準々決勝の仙台育英高校戦では、満塁本塁打を含む3安打7打点の活躍を見せ、星稜高校の準決勝進出に貢献!

今大会初スタメンの2年生が偉大なOBに肩を並べた。今井が満塁本塁打を含む3安打。憧れの松井秀喜氏が92年センバツ1回戦(対宮古)でマークした1試合7打点に並んだ。右打者ながら「フォロースルーは松井さんを参考にしている。レベルは全然違いますが、記録で並んでビックリです」と初々しく語った。

本人も驚く甲子園初本塁打だった。2回1死満塁で打席に立つと「あそこで打てるとは思っていなかった。初球からフルスイングするつもりで、甘い球が来てくれました」。内角ストレートに体が無意識に反応して強振。高々と上がった打球は、浜風に吹かれて左翼席に飛び込んだ。

出典 スポーツ報知

 

 

今井秀輔選手は、長打力が魅力の右の外野手。

 

握力は右65キロ、左63キロを誇るそうです。

 

今井秀輔選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

今井秀輔選手は、ミート力に課題はあるものの、豪快な打撃が持ち味の強打者です。

 

このまま、順調に成長していけば、2年秋の新チームからはレギュラーを獲得し、ドラフト候補となるかも知れません。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links