早稲田大学の今西拓弥投手は、身長2mを誇る大型サウスポー!

 

大学では、3年秋まで主にリリーフで登板していため6勝にとどまっていますが、最終学年は先発に転向するようですね。

 

今回は、早稲田大学のドラフト候補・今西拓弥投手に注目してみました。

Sponsored Links

今西拓弥投手のプロフィール

今西拓弥(いまにし たくみ)投手は1998年06月22日生まれ。

 

奈良県橿原市出身。

 

身長200cm、体重90㎏、左投げ左打ち。

 

今西拓弥投手は、橿原市立真菅北小学校3年の時に真菅北オークリングスで野球を野球を始め、橿原市立橿原中学校時代は志貴ボーイズでプレー。

 

中学卒業後は広陵高校に進学し、1年春の広島大会で登板しています。

 

3年夏の広島大会では、2回戦の加計芸北高校戦に先発して4回2安打5奪三振無失点、4回戦の呉港高校戦に先発して6回4安打1四死球3四死球無失点と好投しましたが、準決勝の如水館高校戦では先発したものの初回から失点を許し、試合も0対10で敗れています。

 

高校卒業後は早稲田大学に進学し、1年秋からリーグ戦に出場!

 

2年春の東京大学戦で2番手で登板し、1回ノーヒット3奪三振無失点に抑え、リーグ戦初勝利を達成!

 

2年秋のリーグ戦では、主にリリーフで登板し、6試合、16.1回を3勝1敗、11被安打、7四死球、15奪三振、防御率1.65の好成績を残しています。

 

大学3年秋までの成績は34試合に登板し、56.1回で6勝2敗、42被安打、37四死球、61奪三振、防御率2.72となっています。

 

 

今西拓弥投手は、最速147キロの直球にカーブ、スライダー、チェンジアップを織り交ぜるスリークォーター左腕。

 

今西拓弥投手の動画はコチラ

今西拓弥投手のスカウト評

DeNA・八馬スカウト(2020/3/26付)

「あの大きさは、なかなかいない。夢がある投手ですね」

 

ヤクルト・山本スカウト(2020/3/27付)

「これからまだまだ伸びしろがある。楽しみ」

最後に

今西拓弥投手は、未完の大器という言葉がぴったりのドラフト候補ですね。

 

手先も器用で、変化球を覚えるのも早いそうですが、課題はメンタル面のようです。

 

身長2mの大型サウスポーなので、ドラフト候補としては話題になりますが、ドラフト上位候補かといわれれば、疑問符が付きますね。

 

現状では、ドラフト指名があっても下位か育成といったところでしょう。

 

個人的には、社会人で鍛えてから、プロ入りを目指した方が良いと思っています。

Sponsored Links