前橋商業高校の井上温大投手は、小柄ながら最速144キロを誇る好左腕!

 

左腕はコントロールが不安な投手が多いですが、井上温大投手は制球力があるといわれています。

 

今回は、前橋商業高校のドラフト候補・井上温大投手に注目してみました。

Sponsored Links

井上温大投手のプロフィール

井上温大(いのうえ はると)投手は2001年5月13日生まれの18歳。

 

群馬県前橋市出身。

 

身長174cm、体重68㎏、左投げ左打ち。

 

井上温大投手は、幼稚園年長の時に岩神リトルファイターズで野球を始め、小学校3年生でリトル大胡スターズで投手となり、前橋市立大胡中学校では軟式野球部でプレー。

 

中学校卒業後は前橋商業高校に入学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年夏の群馬大会では、1回戦の四ツ葉学園・玉村高校戦に3番手で登板して1回ノーヒット無失点、2回戦の高崎経済大付属高校戦に2番手で登板して3回1安打無失点、3回戦の館林高校戦で先発して5回2安打無失点の好投を見せましたが、準々決勝の前橋育英高校戦では、井上温大投手は登板せず、試合も1対3で敗れています。

 

2年秋の群馬大会は、2回戦で舘林高校に4対9で敗退。

 

翌3年春の群馬大会では、2回戦の嬬恋高校戦で3番手で登板して6、7回を6者連続三振に仕留め、7回コールドで勝利!

 

続く、準々決勝の健大高崎高校戦でも、5回を2安打7奪三振無失点と好投しましたが、試合は1対3で惜敗しています。

 

6月に行われた拓大紅陵高校との練習試合では、巨人、楽天、広島のスカウトが視察する中、5回を1安打2四球8奪三振無失点に抑え、評価を上げたようです。

プロ注目の左腕、井上温大(はると)投手(3年)が先発し、5回を1安打2四球、無失点の好投。最速144キロの直球を軸に8三振を奪う投球に、視察したプロ野球スカウトの評価も急上昇だ。

井上が千葉の実力校を沈黙させた。立ち上がりこそ制球に苦しんだが、尻上がりの投球。最速144キロを計測した直球に加え、カーブ、スライダー、シュート、チェンジアップを操り、相手に付け入る隙を与えなかった。

「点数をつけるなら70点。課題としている立ち上がりに四球を与えたのはいけない。でも、4回からは自分の投球ができたと思う」

出典 日刊スポーツ

 

3年夏の群馬大会1回戦の富岡高校戦では、プロ9球団のスカウトが視察する中、8回6安打6奪三振1失点の好投を見せています。

 

 

井上温大投手は、しなやかなフォームから最速144キロの速球に、カーブ、スライダー、カーブ、シュートなどの変化球を織り交ぜる小柄な左腕投手。

Sponsored Links

井上温大投手のスカウト評

巨人・内田スカウト(2019/7/10付)

「ピッチングがうまい。きれいなフォームで将来性がある」

 

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループ次長(2019/7/10付)

「(5回の三振は)打者の予想以上に曲がった。フォームも奇麗で潜在能力がある。直すところもない」

最後に

井上温大投手は小柄な投手ですが、キレがある左腕として、既に高い評価を受けています。

 

本人がプロ志望届を提出すれば、ドラフト指名もありえそうですね。

 

怪我に気をつけて、成長した姿を見せてほしいですね。

Sponsored Links