仙台育英高校の入江大樹選手は、ドラフト注目の大型ショート!

 

スケールの大きなショートとして、将来性を評価するスカウトも多そうです。

 

今回は、仙台育英高校のドラフト候補・入江大樹選手に注目しました。

Sponsored Links

入江大樹選手のプロフィール

入江大樹(いりえ だいき)選手は2002年6月6日生まれ。

 

大阪府堺市出身。

 

身長185cm、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

入江大樹選手は、堺市立福泉小学校2年から野球を始め、堺市立福泉中学校では堺ビッグボーイズでプレー。

 

中学卒業後は仙台育英高校に入学し、1年秋からベンチ入り。

 

1年秋の東北大会では3番ショートで出場し、2回戦の福島商業高校戦では3打数3安打1四死球1打点と活躍しましたが、準々決勝の花巻東高校戦では5打数ノーヒットに終わり、試合も延長10回サヨナラで敗れています。

 

2年春の東北大会は、2番ショートで出場した初戦の秋田中央高校で3打数ノーヒットに終わったものの、3番に入った準々決勝の東日大昌平高校戦ではツーランを含む3打数2安打3打点と活躍!

 

しかし、続く、準決勝の弘前学院聖愛高校戦では5打数ノーヒット1打点に終わり、試合も打撃戦の末、負けています。

 

2年夏の宮城大会は3番ショートで出場し、2回戦の名取高校戦で3打数3安打3打点1盗塁、3回戦の東陵高校戦で4打数2安打1打点、4回戦の利府高校戦で本塁打を含む4打数3安打1打点、準決勝の東北学院榴ケ岡高校戦で4打数1安打2四死球1盗塁、決勝の東北高校戦で5打数3安打1打点をマークし、仙台育英高校の優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会は、1回戦の飯山高校戦で5打数2安打1四死球、2回戦の鳴門高校戦で5打数ノーヒット、3回戦の敦賀気比高校戦で3打数1安打1犠打飛、準々決勝の星稜高校戦で4打数1安打の成績を残しましたが、準々決勝は大敗しています。

 

2年秋の東北大会は4番ショートで出場し、2回戦の明桜高校戦で5打数4安打1四死球2打点、準々決勝の一関学院高校戦で4打数1安打、準決勝の盛岡大付属高校戦で4打数1安打1犠打飛1打点、決勝の鶴岡東高校戦で5打数1安打の結果を残しています。

 

2年の11月に行われた明治神宮大会準々決勝の天理高校戦では、高校通算12本目となる同点3ランを放つ活躍を見せましたが、試合は6対8で敗れています。

仙台育英は3本塁打を放ちながら、近畿大会覇者の猛打に屈した。
「トップオブトップの大阪桐蔭や履正社と戦ってきたチームだから、こちらが追いついても地に足がついていた。内野のディフェンスも素晴らしい」と須江航監督。6回に高校通算12発目となる同点3ランを放った入江大樹内野手(2年)も「自分は1打席しか4番の役目を果たせなかった。天理は1人1人長打力があるから気が抜けない。常にプレッシャーを感じていた」と振り返った。

出典 スポニチ

 

3年夏の宮城代替大会は、2回戦の塩釜高校戦で4打数2安打3打点、3回戦の聖和学園高校戦で3打数2安打1打点、4回戦の気仙沼高校戦で2打数2安打、準々決勝の柴田高校戦で4打数1安打、準決勝の仙台第一高校戦で3打数1安打、決勝の仙台高校戦で3打数1安打1犠打飛1四死球2打点と活躍し、仙台育英高校の優勝を牽引!

 

続く、3年夏の東北大会は、初戦の一関学院高校戦で3打数ノーヒット、準決勝の明桜高校戦で4打数1安打1打点、決勝の聖光学院高校戦で4打数1安打の成績を残しています。(決勝は完封負け)

 

また、甲子園交流試合の倉敷商業高校戦では、4打数1安打2三振の結果を残しています。

今秋ドラフト候補が存在感を見せた。仙台育英の4番・入江大樹内野手(3年)が倉敷商戦の4回に先頭で左越え二塁打。124キロの変化球を捉えた打球は、追い掛ける左翼手の足がもつれるほど低く、速い弾道で頭上を越えていった。
「出塁を求められた場面なので良かったけど、スタンドインさせたい球だった」。この後、6番・向坂の適時打で先制のホームを踏んだが、安打はこの1本だけで4打数1安打2三振。試合も敗れたが、片りんは見せた。

出典 中スポ

 

 

入江大樹選手は、高校通算16本塁打の打撃、遠投100mの強肩、50m走6秒3の走力を持つ大型ショート。

 

入江大樹選手の動画はコチラ

入江大樹選手のスカウト評

ロッテ・柳沼スカウト(2020/4/26付)

「東北の高校生の中ではパワーもある大型遊撃手で魅力がある。腕の使い方がうまくて、リストが強い感じがする。素材がいいので、夏にかけて伸び盛りの時のプレーを見たいですね」

 

中日・米村明スカウト(2020/7/22付)

「あの身長で腰高もあるかもしれないけど、ショートの動きは悪くない。将来性もあるし、大きく育つものがある。(打撃については)昨年、明治神宮大会の天理戦で3ランを放ったときの、いい状態に戻りつつある」

 

中日・米村チーフスカウト(2020/8/15付)

「体格がいいし、バネもある。プロでトリプルスリーを狙えるほどスケールが大きい」

最後に

入江大樹選手は、スカウトが好みそうなスケールの大きなショートですね。

 

おそらく、ドラフト指名の可能性は高いでしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links