網走南ヶ丘高校の石澤大和投手は、全国的には無名ながら、最速145キロを誇る左腕投手!

 

3年春の北海道大会の地区予選の網走桂陽高校戦では17奪三振の快投を見せています。

 

今回は、網走南ヶ丘高校のドラフト候補・石澤大和投手に注目しました。

Sponsored Links

石澤大和投手のプロフィール

石澤大和(いしざわ やまと)投手は、北海道網走市出身。

 

身長177cm、体重71㎏、左投げ左打ち。

 

石澤大和投手は、小学校の時に網走つくしマスターズ野球少年団で野球を始め、小学校6年生の時に全日本学童軟式野球大会マクドナルドトーナメントで3回戦まで進出し、その年に日本ハムファイターズジュニアに選出されています。

 

網走市立第三中学校時代は全道大会でベスト8入り。

 

石澤大和投手は、中学時代に130キロ前半をマークする左腕として、道内の強豪校から誘いを受けましたが、地元の網走南ヶ丘高校に進学。

 

1年夏の南北海道大会北見地区の地区大会代表決定戦で、北見商業高校を相手に先発して9回を完封勝利を飾りましたが、北北海道大会準々決勝の白樺学園高校戦では、先発して3回途中で9安打を打たれ、5回コールドで敗れています。

 

2年夏の南北海道大会は、北見地区の地区大会代表決定戦で、紋別高校に完封され敗退、2年秋の北海道大会も、北見地区2回戦で北見緑陵高校に5対6で惜敗し、地区予選の壁を突破できませんでした。

 

3年春の北海道大会は、北見地区1回戦の網走桂陽高校戦では9回8安打1四死球17奪三振3失点完投しましたが、北見地区2回戦の遠軽戦では4回までに12安打8点を奪われて途中降板し、試合途中に再登板しましたが、流れを止められず、試合も8回コールドで敗れています。

 

3年夏の南北海道大会は、北見地区1回戦の北見緑陵高校戦に先発し、9回5安打8奪三振2失点(自責点0)、武修館高校との1回戦では9回6安打10奪三振3失点と好投しましたが、武修館高校の千葉大夢投手に完封を許し、0対3で敗れています。

網走南ケ丘の最速145キロのエース左腕石沢大和投手が初戦で涙をのんだ。10個の三振を奪ったが、3失点すべてに味方失策が絡み、自責点0の力投だった

「完璧な人はいない。自分の投球ができず、勝たせることができなくて申し訳ない」と肩を落とした。試合後は相手エース千葉と抱き合った。「甲子園に行ってねと伝えました。自分がやってきたことは間違っていなかったと思います」と話し、球場を後にした。

出典 日刊スポーツ

 

 

石澤大和投手は、最速145キロの速球に、切れ味鋭いスライダー、カーブを投げるスリークォーター左腕。

 

肘が柔らかく、バランスの良い投球フォームで、網走の逸材と呼ばれているようですね。

Sponsored Links

最後に

入学時は体重が59キロしかなかった石澤大和投手でしたが、地道な食トレで体重を増やし、球速を最速145キロまで伸ばしてきました。

 

3年夏の大会では、残念ながら1回戦で敗退してしまいましたが、ドラフト候補としての評価は上がったと思います。

 

左腕ということもあり、プロ志望届を提出すれば、指名の可能性もあるかも知れませんね。

Sponsored Links