旭川北高校の伊東佳希投手は、今年の北北海道を代表する投手!

 

3年夏の北北海道旭川地区予選では、2試合で32奪三振の圧巻のピッチングを披露しています。

 

今回は、旭川北高校のドラフト候補・伊東佳希投手に注目しました。

Sponsored Links

伊東佳希投手のプロフィール

伊東佳希投手は北海道出身。

 

身長172cm、体重68㎏、右投げ右打ち。

 

伊東佳希投手は遠軽町立遠軽中学校を経て、旭川北高校に進学。

 

2年秋の北海道大会旭川地区2回戦の旭川明成高校戦では、9回1失点完投しましたが、相手投手に完封され、敗れています。

 

3年春の北海道大会では、旭川地区2回戦の旭川農業高校戦で6回無失点完封(6回コールド)、旭川地区3回戦の旭川工業高校戦で9回4失点完投、旭川地区4回戦の旭川明成高校戦で延長10回2失点完投しましたが、延長10回に決勝点を入れられ、敗れています。

 

3年夏の北北海道大会は、旭川地区2回戦の旭川南高校戦で9回17奪三振完封、旭川地区代表決定戦の留萌高校戦で9回3安打無四球15奪三振完封と好投!

絶叫が球場に響き渡った。9回2死1塁、旭川北の伊東が留萌4番佐野へ投じた、110球目。126キロの縦スライダーが捕手のミットに引き込まれた。15三振を奪ったエースの雄たけびを合図に、全校応援の1塁側スタンドが沸き返る。13年ぶりの北大会を決めた背番号1は「ずっと行けなかった北大会にいけてうれしい」。投球内容以上に、まだ夏が続く喜びをかみしめた。

出典 日刊スポーツ

 

続く、3年夏の北北海道大会1回戦の稚内大谷高校戦でも、ドジャースの前田健太投手を参考にしたツーシームの握りのままで投じる縦横2種類のスライダーが威力を発揮し、9回2安打14奪三振無失点の好投を見せ、ベスト8入りに貢献しています。

 

 

伊東佳希投手は、最速145キロの速球に、縦横2種類のスライダー、カーブなどの変化球を持つ小柄なスリークォーター右腕。

Sponsored Links

最後に

伊東佳希投手は全国的には無名な投手ですが、2年秋から投手に専念しているので、伸びしろもありそうな投手です。

 

北北海道では評判になっている投手なので、勝ち続けていくと、ドラフトの評価も上がっていくことでしょう。

 

頑張ってほしいですね。

 

Sponsored Links