都立小山台高校3年の時に選抜大会に21世紀枠で出場した時からスカウトに注目され、中央大学時代も150キロをマークしていた伊藤優輔投手!

 

社会人の三菱日立パワーシステムズに入社後も成長し、今やドラフト注目の投手となりました。

 

今回は、三菱日立パワーシステムズのドラフト候補・伊藤優輔投手について調べてみました。

Sponsored Links

伊藤優輔投手のプロフィール

伊藤優輔(いとう ゆうすけ)投手は1997年1月14日生まれ。

 

東京都荒川区出身。

 

身長178cm、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

伊藤優輔投手は、荒川区立第三瑞光小学校の時は青雲クラブに所属し、荒川区立尾久八幡中学校時代は荒川ウェーブでプレー。

 

中学校卒業後は都立小山台高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

1年夏の東東京大会は、4回戦の赤羽商業高校戦に2番手で登板して3回ノーヒット無失点と好投しましたが、準々決勝で岩倉高校に惜敗しています。(伊藤優輔投手は準々決勝は登板せず)

 

2年夏の東東京大会は、1回戦の墨田工業高校戦で7回3安打2四死球5奪三振完封(7回コールド)、2回戦の日体荏原高校戦で9回6安打6四死球2奪三振2失点完投と力投しましたが、相手投手に抑えられ、2回戦で敗退しています。

 

2年秋の東京大会で8強に進出したことなどから、21世紀枠に選出されています。

都立小山台高校がセンバツ出場を決めた理由のひとつとして、画期的で効率のいい練習方法が挙げられます。小山台高校は武蔵小山駅すぐ近くに立地していて、校舎やグラウンドはあまり大きくありません。そのため、サッカー班やラグビー班といったその他の班活動と時間帯を分けてグラウンドでの練習を実施しています。
野球班が練習できるのは1日わずか1時間半だけ。みっちりと練習ができる私立の強豪校とは雲泥の差があります。そこで、福嶋監督は効率のいい練習方法を考案したそうです。

出典 NHKスポーツストーリー

 

翌3年春の選抜大会では、強豪の履正社高校と初戦で対戦し、伊藤優輔投手は完投したものの、8回9安打10四死球8奪三振11失点と打ち込まれ、初戦で敗退しています。

 

3年夏の東東京大会は、1回戦の橘高校戦で先発して4回1安打無失点、2回戦の千早高校戦で先発して3回1安打無失点、3回戦の駿台学園高校戦で9回10安打8奪三振5失点完投、4回戦の足立学園高校戦で9回8安打3四死球7奪三振2失点完投、5回戦の朋優学院高校戦で9回6安打4四死球8奪三振完封と好投しましたが、準々決勝の帝京高校戦では初回から打ちこまれ、6回コールドで敗れています。

 

伊藤優輔投手はスカウトから注目されたものの、プロ志望届は提出せずに中央大学に進学!

 

中央大学では1年春からリーグ戦に出場。

 

1年秋の日本大学との3回戦で先発して、7回4安打2四死球5奪三振、自責点1に抑え、リーグ戦初勝利!

 

1年秋のリーグ戦では5試合に登板して、28回で2勝0敗、22被安打13四死球23奪三振、防御率3.21の成績を残しています。

 

その後、伊藤優輔投手は3年春の試合中に左膝を骨折した影響で、3年秋は未登板に終わっています。

 

 

伊藤優輔投手は4年春に復帰しましたが、1年間は患部にワイヤーが入ったまま投げ続け、4年春は10試合に登板したものの、46.1回で1勝5敗、50被安打29四死球35奪三振、防御率5.05と調子が上がりませんでした。

 

しかし、4年秋は35.1回で3勝1敗、24被安打22四死球28奪三振、防御率1.53をマークしています。

大学最後の登板も専大との入れ替え戦だった。入れ替え戦で通算6試合、34イニングをしのいできた。3年春の試合中にひざを骨折し、最後の1年は患部にワイヤが入ったまま投げ続けた。「中大野球部の歴史や伝統を考えると、怖さもあった。勝ってホッとしました」。野球部を取り巻く人たちの期待と不安を背に、孤独のマウンドで戦ってきた。どうやって重圧に勝ったのか。「失敗してどうなるかを想像するより、乗り越えた時に自分が成長した姿をポジティブに考えたら、結果がついてきました」。無事にたすきをつなげたことに胸をなでおろした。

出典 日刊スポーツ

 

伊藤優輔投手は大学卒業後、三菱日立パワーシステムズに入社し、1年目からリーグ戦に出場!

 

社会人1年目の日本選手権大会では、1回戦の日本新薬戦で2番手で登板し2回を1安打1四死球4奪三振無失点、2回戦のトヨタ自動車戦で3番手で登板し1.1回を1安打1四死球1奪三振無失点、準々決勝の日本製鉄鹿島戦に3番手で登板し1.1回を2安打1四死球2奪三振無失点に抑えています。

 

 

伊藤優輔投手は、最速150キロの直球にスライダー、スピリット、カーブなどの変化球を織り交ぜる本格派右腕。

 

伊藤優輔投手の動画はコチラ

伊藤優輔投手のスカウト評

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク(2020/6/2付)

「全ての球がコントロールされ、切れがある。タイプは広島・大瀬良」

 

ロッテ・中川隆治スカウト(2020/6/2付)

「即戦力。1軍のローテーション投手に近い。(スカウト活動再開後の)一発目に見に行こうと思わせる投手」

最後に

伊藤優輔投手のスカウト評を見ると、ドラフト上位も望めそうですね。

 

新型コロナの影響で、アピールする機会が減っていますが、頑張ってほしいですね。

 

Sponsored Links