市和歌山高校の岩本真之介投手は、181センチの長身を生かしたボールに角度のある左腕投手!

 

体が細いため、球威不足は否めませんが、体ができてくれば、球速も上がってきそうな投手です。

 

今回は、市和歌山高校の岩本真之介投手に注目しました。

岩本真之介投手のプロフィール

 

岩本真之介(いわもと しんのすけ)投手は、2002年5月16日生まれの16歳。

 

和歌山有田郡広川町出身。

 

身長181cm、体重71㎏、左投げ左打ち。

 

岩本真之介投手は、広川町立南広小学校1年から南広少年野球クラブで野球を始め、広川町立耐久中学校では和歌山湯浅ボーイズに所属し、中学3年生の時には和歌山選抜に選出されています。

 

中学校卒業後は、市和歌山高校に進み、1年春からベンチ入り。

 

1年夏の和歌山大会はベンチから外れ、1年秋の新チームから背番号1を付けています。

 

1年秋の和歌山大会は、2回戦の耐久高校戦で完封するなど、市和歌山高校の準優勝に貢献!

 

和歌山2位で出場した1年秋の近畿大会では、1回戦の近江兄弟社高校戦で9回13安打8奪三振4失点、準々決勝の龍谷大平安高校戦では8.2回で8安打9四死球2奪三振5失点と打ち込まれ、準々決勝で敗退しています。

 

2年春の選抜大会は、開幕試合となった1回戦の呉高校戦で先発して、延長11回2安打4四死球9奪三振2失点完投、2回戦の高松商業高校戦では2番手で登板して、3.2回を3安打1四死球無失点、準々決勝の習志野高校戦で2番手で登板して、6回8安打3四死球4奪三振3失点と好投しましたが、試合は3対4で敗れています。

第91回選抜高等学校野球大会第9日は31日、準々決勝が行われ、市和歌山は習志野(千葉)に3-4で敗れ、54年ぶりの4強進出はならなかった。2年生エース・岩本真之介投手が3-1の四回からマウンドに上がったが、6回3失点(自責2)でリードを守りきれなかった。

「追い込んで、決めにいく球が甘くなってしまった。変化球の曲がりが良くなかった」

必勝リレーがこの日ははまらなかった。2回戦と同じく、先発は柏山崇外野手(3年)が任された。一回に先制を許したものの、その裏、柏山自身が適時二塁打を放つなどして3点を奪って逆転。その後は粘り強く投げ、「大きく崩れず、つなぐことができた」と3回1失点で、四回から岩本にマウンドに託していた。

しかし、岩本は自慢の変化球が高めに浮き、痛打される場面が目立った。五回と六回に1点ずつ失うと七回には味方の失策も絡み、逆転を許してしまった。

半田真一監督(38)は「後手になるよりは、できるだけ早めにと考えていた」と話したが、2人のリレーで高松商を2点に抑え、6-2で快勝した2回戦の再現はできなかった。

岩本は「今日の試合で力不足とわかった。夏には力をつけて戻ってきたい。チームのピンチを救えるようなエースになりたい」と夏でのリベンジを誓った。

出典 サンスポ 

Sponsored Links

岩本真之介投手は、最速135キロの速球にカーブ、スライダー、ツーシームを織り交ぜる左腕。

 

1年秋は8試合中6試合で完投するなど、試合を作れる投手として、監督からの信頼も高いようです。

半田真一監督(38)が「昨秋はバッテリーが頑張ってくれた」と称賛したように、軸は1年生左腕の岩本だ。昨秋の公式戦8試合中6試合で完投し、防御率1・62と安定していた。「テンポ、制球がいい。試合の流れをつくりやすい」と、指揮官の信頼も厚い。

岩本は自宅が遠いため、学校近くで一人暮らしをしている。母親が週に3回は来てくれるが、不在のときは朝と晩や昼食の弁当、間食のおにぎりなどを自分で作る。レパートリーは約20種類で、牛丼やマーボー豆腐が得意な“料理男子”だ。「簡単で栄養が入っている料理を作るようにしている」と、自炊が多いにもかかわらず、体重は入学当初から10キロも増えた。

出典 スポーツ報知

 

岩本真之介投手の動画はコチラ

最後に

2年春の選抜大会で、細い体ながら延長11回を投げ切るなどスタミナがあることを実証した岩本真之介投手!

 

コントロールもあり、今後の活躍が期待されます。

 

ただし、来年、真のドラフト候補になるには、もう少し球威が必要です。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links