福岡ソフトバンクホークスからドラフト6位で指名された泉圭輔投手は、この1年でドラフト戦線に浮上してきた投手でした。

 

高校も大学も全国大会に出場した経験もなく、高校で野球を辞めようと思っていたという投手でした。

 

しかし、昨年の秋から騒がれ始め、多くの球団が注目する存在になっていきました。

 

今回は、福岡ソフトバンクホークスからドラフト6位で指名された泉圭輔投手に注目したいと思います。

Sponsored Links

泉圭輔投手のプロフィール

泉圭輔(いずみ けいすけ)投手は、1997年3月2日生まれの21歳。

 

石川県金沢市出身。

 

身長187㎝、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

泉圭輔投手は金沢市立三馬小学校3年から三馬クラブで軟式野球を始め、金沢市立清泉中学校では軟式野球部でプレーしていました。

 

中学校卒業後は金沢西高校に進学し、1年夏からベンチ入りしています。

 

2年夏の石川大会2回戦の金沢学院東高校戦で3失点完投勝利し、3回戦の寺井高校戦でも完投しましたが、相手投手に1点で抑えられ、1対4で敗戦。

 

3年夏の石川大会は、2回戦で強豪の遊学館高校と対戦し、泉圭輔投手は先発で7.2回を投げ6安打2失点の成績を残しましたが、9回に2点を奪われ、3対4で敗れています。

 

高校で野球を辞めようと思っていた泉圭輔投手でしたが、周囲の勧めもあり、野球を続けることを決め、金沢星稜大に進学。

 

金沢星稜大に進学後は、1年秋からベンチ入りしますが、大学3年生の時までは牛丼チェーン店「すき家」でアルバイトをするなど、野球に対する強い情熱はなかったそうです。

 

しかし、泉圭輔投手は、1年秋のリーグ戦の高岡法科大学2回戦で先発し、1失点完投勝利を収め、リーグ戦初勝利を挙げると、1年秋から3季連続3勝を挙げ、3年秋には5勝をマークし、リーグ最多勝と敢闘賞を受賞しています。

 

3年秋に最多勝を挙げたことから、泉圭輔投手の元には関西の強豪社会人チームから、「プロ志望届を提出しないこと」を条件に声がかかったそうですが、泉圭輔投手は進路をプロ1本に絞り、社会人チームからの誘いを断ったそうです。

退路を断ってからの泉の練習に取り組む姿勢には、北川監督も目を細める。

「目標をしっかり持てていますよね。NPBに行きたいという気持ちがいい方向に出ていますね。僕は『社会人で鍛えてもらったらどうや』って言ったんですけど、本人が夢を追いたいということなので、彼の決断を尊重しました」

出典 https://sportiva.shueisha.co.jp/

 

4年春のリーグ戦でも、泉圭輔投手は最多勝を挙げ、敢闘賞を受賞しています。

 

 

泉圭輔投手は、長身から投げ下ろす最速147キロの速球にツーシームやスライダーなどの変化球を織り交ぜるスタイルの投手。

 

投球センスに優れ、体ができてくれば、ソフトバンクの次代を背負う選手に成長していきそうです。

 

泉圭輔投手の動画はコチラ

泉圭輔投手のスカウト評

某スカウト(9/27付)

「まだピンポイントに投げるという感じではありませんが、制球に困ることはなさそう。体はまだできていませんが、球を扱うセンスがいいですよね」

「高校時代から投げ方がよく、柔らかかった。即戦力ではありませんが、1年間しっかり練習して鍛えれば、上(一軍)でも使えるようになりそうです」

「プロの練習についていける体力があるかどうか。1週間に一度の登板も”休み肩”なので、スピードが出ているだけでは……」

田尻耕太郎氏(スポーツライター)のコメント

長身細身から角度のある最速146キロ直球とスライダーで投球を組み立てる。北陸大学リーグでは毎度防御率1点台と安定した投球を続けてきた。「スリムな体には今後の成長の余白も大いに残し、次代の先発候補。投げ下すストレートは武田翔太さながら」とスカウト評。

Sponsored Links

最後に

泉圭輔投手は、11月11日に契約金4千万円、年俸800万円で仮契約を結んでいます。

 

会見でも、「体づくりに励み、1軍に行けるように準備したい」と語っていたそうですが、素材は良いので、無理しないことが一番でしょう。

 

焦らず頑張ってほしいですね。

 

【追記】

12月6日、ソフトバンクは福岡市内のホテルで新入団選手発表記者会見を行いました。

 

泉圭輔投手のコメント(背番号53)

「先発ローテに入ることを目指す。身長をいかした角度のあるまっすぐ。投げ方が似ていて参考にもしている武田投手のように日本シリーズで堂々と投げてみたいです」

出典 Full Count

Sponsored Links