打てる捕手というのは、中々いませんが、西日本短大附属高校の神宮隆太選手は高校通算23本塁打の左のスラッガー!

 

神宮隆太選手は中学3年生の時に、ボーイズ九州代表に選出されるなど、中学から九州では知られた存在だったようですね。

 

今回は、西日本短大附属高校の神宮隆太選手に注目してみました。

Sponsored Links

神宮隆太選手のプロフィール

神宮隆太(じんぐう りゅうた)選手は福岡県北九州市出身。

 

身長180cm、体重85㎏、右投げ左打ち。

 

神宮隆太選手は、小学校2年生の時にソフトボールを始め、筑紫野市立二日市中学校時代は二日市ボーイズでプレーし、中学校3年生の時には、浅田将汰投手などと共にボーイズ九州代表に選出されています。

 

中学校卒業後は、西日本短大附属高校に進学。

「監督さんの話は耳に響くものがあって、とても良いチームなんだなと思いました。西短(にしたん)に入れば、野球だけではなく人間性も変わる、人間としても成長できると言われたので、その言葉に惹かれました」

出典 高校野球ドットコム

 

西日本短大附属高校では、1年生の時からベンチ入り。

 

2年夏の南福岡大会では4番捕手で出場して、2回戦の福岡第一高校戦で本塁打を含む4打数2安打4打点の活躍をしましたが、3回戦の沖学園高校戦では3打数ノーヒットに終わり、試合も3対7で敗れています。

 

2年秋の福岡大会は、準々決勝で九州国際大付属高校と対戦し、1対2で惜敗。

秋季福岡県大会を勝ち進んでいった西日本短大附は、順々決勝で九州国際大付と対戦。県内の実力校同士の一戦は僅差の競り合いとなったが、西日本短大附はミスも絡んで1対2で敗れた。

神宮は悔しさを噛みしめるような口調で、自らの責任の重さを強く語る。
「初回に、4番の葛城 陸にタイムリーを打たれたのですが、3ボール1ストライクから真っすぐを甘めに要求しての失点でした。2点目も自分のパスボールでの失点だったので、あの試合で負けたのは自分の責任と思っています」

出典 高校野球ドットコム

 

3年春の福岡大会は、決勝で真颯館を7対3で下して優勝!

 

続く、3年春の九州大会2回戦の日章学園高校戦では、8回にタイムリー2塁打を放ち、守備でも好リードで日章学園を完封しています。

西日本短大付(福岡)のプロ注目の4番、神宮隆太(3年)が1点リードの8回に貴重な中越え適時二塁打を放った。2死一塁から直球をはじき返し「感触は良かった。体が開いていたのでセンターを意識した」と語った。

捕手としては序盤に直球を狙われていた江崎陸(3年)の配球を変化球中心に変えた。4回以降許した安打は9回の三塁打だけ。江崎は無四球完封勝利を飾った。「いつも投手の気持ちになってリードすることを意識している」と神宮。高校通算23本塁打の主砲の活躍に、西村慎太郎監督は「4番がよく打ってくれた。配球面でもだいぶ成長した」と目を細めた。

出典 西日本スポーツ

 

 

神宮隆太選手は、高校通算23本塁打をマークする強打の捕手。

 

打撃だけでなく、配球の成長も見られるので、ドラフト候補として注目されているようです。

 

神宮隆太選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

神宮隆太選手は、監督から怒られても、へこたれない精神力が強い捕手のようです。

 

夏の大会などで勝ち進めば、ドラフトの評価も上がってきそうですね。

Sponsored Links