Sponsored Links

入団2年目となる2019年に、外野のレギュラーとして期待されているのが、DeNAの神里和毅外野手!

 

沖縄の宜野湾キャンプでは、ラミレス監督からMVPに指名されたそうです。

 

神里和毅外野手の魅力といえば、50m走5秒9の俊足!

 

今年はバットを寝かせるフォームに変えたことで、長打力も増しているようですね。

 

今回は、DeNAのイケメン・神里和毅外野手に注目しました。

神里和毅外野手のプロフィール

出典 https://yoshilover.com/

 

神里和毅(かみざと かずき)外野手は、1994年1月17日生まれの25歳。

 

沖縄県島尻郡南風原町(はえばるちょう)出身。

 

身長178cm、体重81kg、右投げ左打ち。

 

背番号は8番。

 

神里和毅外野手は、南風原町立翔南小学校4年から山川ミラクルズで野球を始め、南風原町立南星中学校では軟式野球部でプレー。

 

中学校卒業後は、糸満高校に進学し、2年秋の新チームからライトのレギュラーとなっています。

 

3年夏の沖縄大会では1番センターで出場し、決勝で中部商業高校を2対1で破り、甲子園出場を果たしています。

 

続く甲子園大会では、1回戦で英明高校と対戦し、松本竜也投手(元巨人)に3打数ノーヒットに抑えられ、試合も1対4で敗れています。

 

高校卒業後は、中央大学に進み、1年春からベンチ入り。

 

1年春のリーグ戦では12試合に出場し、37打数11安打、2打点、2盗塁、打率.297の好成績を残しています。

 

神里和毅外野手は、1年秋のシーズン以降、低打率に苦しみましたが、3年春のシーズンに打率.350をマーク!

 

4年秋のシーズンには、13試合に出場し、48打数15安打、1本塁打、9打点、3盗塁、打率.313を残し、ベストナインに輝いています

 

神里和毅外野手は、大学通算91試合に出場し、307打数73安打、2本塁打、28打点、10盗塁、打率.238の成績を残し、プロ志望届を提出!

 

しかし、NPB球団からのドラフト指名がなかったため、日本生命に入社しています。

 

日本生命では1年目から公式戦に出場。

 

社会人1年目の2016年の都市対抗野球大会では、2番レフトで1回戦の三菱日立パワーシステムズ横浜戦に出場し、4打数1安打を記録。

 

また、2016年の日本選手権大会では、1番レフトで出場して、1回戦のビッグ開発ベースボールクラブ戦で4打数1安打、2回戦の日本通運戦で4打数1安打の記録を残しています。

 

社会人2年目となる2017年の都市対抗野球大会では、1回戦の三菱日立パワーシステムズ戦に1番センターで出場して、3打数3安打2四死球とすべての打席で出塁しましたが、試合は3対5で敗れています。

 

神里和毅外野手は、走攻守揃った身体能力の高い外野手として注目され、2017年ドラフト会議でDeNAから2位指名を受け入団!

 

2018年のオープン戦では、右肩の状態が思わしくなかった梶谷隆幸選手がファームで調整していたこともあり、積極的に起用され、開幕戦の先発をゲット!

 

神里和毅外野手は開幕戦のヤクルト戦で7番ライトで出場、3戦目からは1番を任せられるようになり、自慢の俊足で積極的に盗塁を仕掛け、DeNAの躍進に貢献!

 

5月は自身の調子の下降やネフタリ・ソト選手、復調してきた梶谷隆幸選手の出場により、ベンチをあたためる機会が増えましたが、6月に入り、打撃の状態が上がってくると、1番打者に復帰し、6月の月間MVP候補に名を連ねるほどとなりました。

 

しかし、8月12日の阪神戦で右足甲の外側に死球を与えられ、右足甲を骨折していることが判明!

 

その後のシーズンは公式戦に出場することなく終えています。

神里和毅外野手の1軍での成績

2018年

86試合 247打数62安打 5本塁打 21打点 15盗塁 盗塁死9 四死球22 三振68 打率 .251 出塁率.312

 

開幕直後に、積極的な盗塁を行い、チームを牽引したイメージの強い神里和毅外野手ですが、盗塁死の数も多いですね。

 

また、三振の数も多いので、このあたりが2年目以降の課題でしょうね。

神里和毅外野手の年俸は?

2018年       1250万円

2019年       2500万円

※金額は推定

ドラフト2位で入団したDeNA・神里和毅外野手が30日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、倍増となる2500万円でサインした。

出典 baseballgate

Sponsored Links

神里和毅外野手の弟は?

出典 https://baystars.love/

 

神里和毅外野手の弟は、東海大相模高校の神里陸選手です。

 

神里陸選手は、2002年5月3日生まれの16歳。

 

南風原町立翔南小学校の時に山川ミラクルズで野球を始め、南風原町立南星中学校時代は軟式野球部でプレーし、全日本少年軟式野球大会でベスト4になっています。

 

中学3年生の時には、U-15日本代表に選出され、アジア選手権に出場!

 

アジア選手権では9番や2番などの打順で、ショートあるいはセカンドで5試合に出場し、10打数3安打7四死球3打点をマークし、遊撃手のベストナインに選出されています。

 

東海大相模高校での情報は、あまりないようですが、今後の活躍に期待しています。

最後に

神里和毅外野手は、イケメンなので、今でもDeNAの中では人気が高い選手!

 

昨年は、8月に骨折したため、レギュラー定着とはいきませんでしたが、レギュラーに定着し、活躍すれば人気も全国区になるかも知れません。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links