大学トップクラスの俊足選手として注目される白鴎大学の金子莉久選手!

 

トップバッターとして出場した大学3年春のリーグ戦では、打率.404をマークし、首位打者にも輝いています。

 

今回は、白鴎大学のドラフト候補・金子莉久選手に注目しました。

Sponsored Links

金子莉久選手のプロフィール

金子莉久(かねこ りく)選手は栃木県日光市出身。

 

身長165㎝、体重65㎏、右投げ左打ち。

 

金子莉久選手は、日光市立東中学校時代は宇都宮スターボーイズでプレーし、国学院栃木高校に進学。

 

国学院栃木高校では、1年からセンターでレギュラーを獲得!

 

1年夏の栃木大会では1番センターで出場しましたが、1回戦の文星芸大付で4打数ノーヒットに終わり、試合も1対3で敗れています。

 

2年夏の栃木大会は2番センターで出場し、2回戦の鹿沼高校戦で3打数1安打2打点、3回戦の栃木高校戦で4打数2安打、準々決勝の白鴎大足利高校戦で4打数2安打と活躍しましたが、試合は5対7で敗れています。

 

3年春の栃木大会は、決勝で作新学院高校に敗れましたが、準優勝で関東大会に出場!

 

3年春の関東大会は1番センターで出場し、2回戦の常総学院高校戦で4打数2安打、準々決勝の健大高崎高校戦で5打数2安打をマークしましたが、9回サヨナラで準々決勝敗退しています。

 

1番センターで出場した3年夏の栃木大会は、1回戦の矢板東高校戦で2打数1安打1四死球3盗塁1打点、2回戦の宇都宮白楊高校戦で4打数1安打、3回戦の石橋高校戦で4打数2安打、準々決勝の大田原高校戦で4打数1安打、準決勝の青藍泰斗高校戦で4打数1安打、決勝の作新学院高校戦で2打数ノーヒット3四死球とチームを牽引しましたが、決勝戦は2対9で敗れ、甲子園出場を果たすことができませんでした。

 

高校卒業後は白鴎大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年秋には8盗塁を決め、最多盗塁のタイトルと初のベストナインを受賞。

 

トップバッターとなった3年春のリーグ戦では打率.404、14盗塁の好成績を残し、初の首位打者と2度目の最多盗塁、ベストナインを受賞。

 

3年秋のリーグ戦では、12盗塁をマークし、3度目の最多盗塁とベストナインを受賞。

 

全国大会には、3年春の大学野球選手権大会に1番センターで出場し、2回戦の中京大学戦で4打数2安打3盗塁、準々決勝の東北福祉大学戦で津森宥紀投手を相手に4打数ノーヒット1四死球1盗塁の成績を残しています。(準々決勝は延長10回サヨナラ負け)

 

金子莉久選手は、50m走5秒7、セーフティバントで3秒4台をマークするスピードスター。

 

金子莉久選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

金子莉久選手は、足のスペシャリストになれる稀有な存在!

 

ドラフトでの需要はあるはずです。

 

秋のリーグ戦で活躍して、評価を上げてほしいですね。

Sponsored Links