Sponsored Links

社会人屈指の長打力で、2019年ドラフト候補に名を連ねるパナソニックの片山勢三選手!

 

九州共立大時代から「九州のおかわり君」と呼ばれていた片山勢三選手は、2018年社会人野球ベストナインに指名打者で選出されています。

 

そのパワーあふれる打撃は、長打力不足の球団には、魅力的でしょう。

 

今回は、パナソニックのドラフト候補・片山勢三選手に注目しました。

片山勢三選手のプロフィール

出典 http://b96077.blog.fc2.com/

 

片山勢三(かたやま せいぞう)選手は、1995年7月9日生まれの23歳。

 

福岡県北九州市出身。

 

身長176cm、体重105kg、右投げ右打ち。

 

片山勢三選手は、北九州市立貫小学校3年生からソフトボールを始め、門司学園中学校時代は軟式野球部でプレー。

 

門司学園高校では1年からベンチ入りし、1年秋の福岡大会では4番で起用されています。

 

2年夏の福岡大会では4番センターあるいはライトとして出場し、2回戦の慶成高校戦で5打数2安打3打点、3回戦の育徳館高校戦で4打数2安打と活躍しましたが、育徳館高校の投手に完封を許し、3回戦で敗退しています。

 

2年秋からは主将・捕手となり、2年秋の福岡大会準優勝を牽引!

 

続く、九州大会2回戦の長崎日大高校戦では、延長13回にサヨナラで敗退しています。

 

3年春の福岡大会を1回戦で敗退しましたが、3年夏の福岡大会で、片山勢三選手は、初戦の須恵高校戦でツーラン、3回戦の小倉商業高校戦で4打数2安打1打点、4回戦の宗像高校戦で満塁ホームラン、5回戦の福翔高校戦で3打数2安打1打点、準々決勝の福岡工大城東高校戦で9回サヨナラスリーランと活躍しましたが、準決勝の南筑高校に2対3で惜敗しています。

 

高校卒業後、片山勢三選手は九州共立大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場!

 

2年春のリーグ戦途中から4番ファーストに定着し、2年秋のリーグ戦では39打数16安打2本塁打11打点、打率.410で打点王となっています。

 

また、3年春のリーグ戦で47打数17安打4本塁打12打点、打率.362で本塁打王、4年春のリーグ戦で43打数15安打5本塁打17打点、打率.349で2度目の本塁打王となり、敢闘賞と指名打者としてベストナインに選出されています。

 

片山勢三選手は、大学4年生の時に主将となり、4年春の神宮大会に出場!

 

1回戦の名城大学戦では、1回にレフトスタンドに飛び込むスリーラン、5回にもライトスタンドにツーランを放つ活躍を見せましたが、2回戦の日本体育大学戦では5打数ノーヒット4三振と抑えられ、試合も1対7で敗れています。

 

片山勢三選手は大学卒業後、パナソニックに入社し、1年目から公式戦に出場!

 

3月に行われたJABA東京スポニチ大会では4番ファーストとDHで出場し、三菱重工名古屋戦で本塁打を含む4打数2安打1打点、日本通運戦で2打席連続本塁打の活躍!

新人ながら4番に座ったパナソニックの片山勢三内野手(22、九州共立大)が2打席連続アーチを放った。初回は2死から左越えへ2ラン、2打席目は3回に外角直球を逆方向となる右中間深くへソロ。チームは敗れて空砲となったが「自分なりの打撃ができた」と振り返った。

1メートル76、105キロの巨体から強烈な打球を繰り出す右の強打者。昨秋出場した明治神宮大会でも大会タイ記録となる1試合2本塁打をマーク。この日はチームメートからも「神宮、相性いいなあ!」と声が飛んだ。

第3打席以降は凡退しただけに「打って満足せず、チャンスでしっかり返したい」と反省も忘れなかった。

出典 スポニチ

 

また、都市対抗野球大会1回戦のJR東海戦では、8回に代打で起用され、本塁打を放つ活躍で全国デビュー!(試合は2対4で敗退)

 

11月に行われた社会人野球日本選手権大会では4番ファーストで起用され、1回戦のNTT東日本戦で3打数1安打2四球、2回戦の日本新薬戦で4打数1安打3三振の成績を残しています。

Sponsored Links

片山勢三選手は高校通算32本塁打、大学通算14本塁打の強打の一塁手。

 

今年はプロ入りに向けて、サードに挑戦するそうです。

 

片山勢三選手の動画はコチラ

最後に

片山勢三選手は、現在、DHか一塁手ということで、ドラフト候補としてはパ・リーグ向きの選手かも知れません。

 

しかし、片山勢三選手の長打力は魅力があります。

 

下位での指名もありでしょう。

Sponsored Links