広島東洋カープの福井優也投手と東北楽天ゴールデンイーグルスの菊池保則投手の交換トレードが決まったそうです。

 

菊池保則投手って、正直あまり記憶がないのですが、どんな投手なんでしょうね。

 

ちょっと気になったので、調べてみました。

菊池保則投手のプロフィール

 

菊池保則(きくち やすのり)投手は1989年9月18日生まれの29歳。

 

茨城県久慈郡大子町出身。

 

身長180cm、体重80kg、右投げ左打ち。

 

菊池保則投手は、常盤大高3年夏の茨城大会準決勝の東洋大牛久高校戦で16奪三振で完封勝利を達成したことで注目されました。

 

茨城大会決勝戦の常総学院高校戦では8失点と打ち込まれ、甲子園出場を逃しましたが、2007年高校生ドラフトで、東北楽天ゴールデンイーグルスからドラフト4位で指名され入団しています。

菊池保則投手の成績は?

菊池保則投手は、入団3年目の2010年に初昇格し、9月23日の埼玉西武ライオンズ戦で先発し、5回2安打2失点で初勝利を達成!

 

2010年

試合2 1勝1敗 11回 被本塁打3 四死球7 奪三振10 防御率4.09

 

2011年

試合2 0勝1敗 3.1回 被本塁打1 四死球9 奪三振3 防御率13.50

 

2012年

試合4 1勝1敗 25回 被本塁打2 四死球6 奪三振24 防御率2.88

 

2013年

試合14 1勝5敗 33.1回 被本塁打3 四死球24 奪三振22 防御率6.48

 

2014年

試合12 4勝1敗 51.1回 被本塁打5 四死球21 奪三振36 防御率4.03

 

2015年

試合18 4勝5敗 103回 被本塁打5 四死球47 奪三振71 防御率3.76

 

2016年

試合7 1勝1敗 22.2回 被本塁打4 四死球14 奪三振14 防御率5.16

 

2017年

試合7 0勝0敗1H 7.1回 被本塁打0 四死球4 奪三振9 防御率4.91

 

2018年

試合3 0勝0敗 13回 被本塁打1 四死球5 奪三振15 防御率1.38

 

菊池保則投手のプロ通算成績は、69試合に登板し、270回で12勝15敗1H 、204奪三振、防御率4.23の成績を遺しています。

菊池保則投手の特徴は?

菊池保則投手はマックス149キロの速球に、高速スライダー、カーブ、フォークなどの変化球を織り交ぜる本格派右腕投手で未完の大器といわれているそうです。

 

ただし、2016年に発症した影響で、以降の登板数が減っていますが、2018年の奪三振数、防御率を見ると状態は上がってきているのかも知れませんね。

菊池保則投手の嫁は?

菊池保則投手は、2016年5月に茨城県出身で元会社員の若菜さん(当時24歳)と結婚しています。

若菜さんとの出会いは2年前の14年1月。地元の茨城に住む共通の知人を介して知り合った。第一印象は「可愛らしくて、しっかりしている子」。直後に海外自主トレのために渡米するなど多くの時間を共有できなかったが、頻繁にメールで連絡を取った。真面目で誠実な人柄が若菜さんにも伝わり、2カ月後の3月に交際がスタートした。

菊池が「一緒にいて凄く楽だし、気を使わない」という若菜さんは優しい性格で女優の石原さとみ似の美人。故障や不振などで14、15年はともに4勝に終わったが、心身ともにサポートを受けた。若菜さんは今年に入ってスポーツのための食事学を学び「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格も取得。4月から仙台市内で同居をスタートさせ、背番号「59」で「忘れないと思って」という理由で、5月9日に婚姻届を提出した。

出典 スポニチ

Sponsored Links

最後に

菊池保則投手は、星野仙一さんが「指にかかったボールは(田中)将大に匹敵する」と高く評価していた投手ですが、未完の大器のままですね。

 

精神的に弱い部分があるといわれていますが、このトレードがいいきっかけになるといいですね。

 

頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links