桐蔭学園高校の木本圭一選手は、静岡裾野シニア時代に日本選手権大会でMVPを獲得し、U-15日本代表にも選出された逸材!

 

公式戦デビューとなった1年夏の神奈川大会でも、先頭打者本塁打を放つなど、次代のスターを予感させます。

 

今回は、桐蔭学園候補の次代のドラフト候補・木本圭一選手に注目しました。

Sponsored Links

木本圭一選手のプロフィール

木本圭一(きもと けいいち)選手は、静岡県出身。

 

身長174cm、体重70㎏、右投げ右打ち。

 

木本圭一選手は、3歳の時に野球を始め、沼津市立金岡中学校時代は静岡裾野シニアでプレーし、中学2年生の時は日本リトルシニア全国選抜野球大会で2回戦進出、中学3年生の時は主将兼エースとして、日本リトルシニア全国選抜野球大会でベスト8、リトルシニア日本選手権大会優勝(木本圭一選手はMVP)と輝かしい実績を残し、U-15日本代表に選出!

 

U-15ワールドカップでは、オランダ戦で代打から途中出場し3打数ノーヒット1打点、キューバ戦で2番セカンドで出場して4打数2安打2打点、ドミニカ戦で6番ファーストで出場して4打数1安打、南アフリカ戦で途中ファーストから出場して2打数2安打2打点、チャイニーズ・タイペイ戦に5番ファーストで出場して2打数ノーヒット1四死球、パナマ戦に6番セカンドで出場して3打数ノーヒット、アメリカ戦に2番DHで出場して3打数ノーヒット2三振、チャイニーズ・タイペイ戦に6番DHで出場して3打数1安打の成績を残しています。(日本の最終順位は4位)

 

その後、木本圭一選手は、9月16日放送の「ビートたけしのスポーツ大将 2時間SP」に出演し、桑田真澄投手と谷繁元信捕手のレジェンドバッテリーと対決し、初球をヒットしているそうです。

 

木本圭一選手は中学校卒業後は桐蔭高校に進学!

 

5月の練習試合からレギュラーとなり、1年夏の神奈川大会初戦の横浜立野高校戦では1番セカンドで出場し、初回にレフト芝生席に飛び込む本塁打、その後も三塁打と二塁打を放つ満点デビューを飾っています。

高校生活初めての夏。「1番・二塁」で先発して一回表、1ボールからの2球目だ。木本が高めの直球を強振すると、打球は左翼芝生席に突き刺さった。公式戦初出場で、初スイングが先頭打者本塁打。桐蔭学園のスーパールーキーが、堂々のデビューを飾った。

「甘い球が来たら、たたこうと思っていました。初回に1点が入ってよかったです」

まだ表情に幼さが残る、2003年生まれの1年生。だが静岡裾野シニア時代の昨年、U-15日本代表にも選出されており、すでにアマ球界では名を知られた存在だ。今春の選抜にも出場した名門校で、早速1番打者として夏を迎えた。

5月の練習試合からレギュラーに定着。上からたたくスイングで野手の間を抜く打球を打つ意識を徹底してきた。本塁打の後、三塁打と二塁打もマーク。いきなりの3安打4打点だ。

出典 サンスポ

 

 

木本圭一選手は、U-15日本代表にも選出されたスーパールーキー。

 

公式戦最初の試合で、結果を残すところはさすがです。

 

木本圭一選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

桐蔭学園高校には、プロ注目のドラフト候補である森敬斗選手がいます。

 

木本圭一選手は、森敬斗選手と二遊間を組んでいるので、教わることも多いでしょう。

 

次代のドラフト候補として、頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links