北九州高校の木村仁投手は小学校6年生まで空手を続け、中学生から野球に転向し、投手を始めたのも高校1年生からと投手経験は少ないものの、既に最速146キロをマークしているドラフト候補!

 

空手は体幹を鍛え、柔軟性を養うのに良いスポーツといわれていますが、子供の頃に空手を経験していたことが、木村仁投手にとっては良かったのでしょうね。

 

今回は、北九州高校のドラフト候補・木村仁投手に注目してみました。

Sponsored Links

木村仁投手のプロフィール

木村仁(きむら じん)投手は、2001年9月16日生まれの17歳。

 

福岡県行橋市出身。

 

身長180cm、体重80㎏、右投げ右打ち。

 

木村仁投手は、小学校6年まで空手をしていましたが、行橋市立泉中学校時代は軟式野球部でサードとしてプレーし、中学校3年生の時に県大会でベスト8まで進出しています。

 

北九州高校1年の時に投手に転向し、2年夏の北福岡大会に背番号12番でベンチ入りをしていますが、出場機会がなく、準決勝で敗退しています。

 

背番号10番でベンチ入りした2年秋の福岡大会では、3回戦で八幡南高校に敗退。

 

その後、冬の期間に木村仁投手はトレーニングに励み、体重を2年夏から10キロ増加させることに成功したことで、球威がアップし、翌3年春には背番号1番をゲットしています。

 

3年春の福岡大会は、4回戦で東海大福岡高校に3対4で惜敗。

 

その後、右足甲を疲労骨折したため、3週間の治療期間を要しましたが、復帰直後の広島遠征で自己最速記録をマークしています。

 

3年夏の福岡大会初戦の中間高校戦では、9回2安打1四死球11奪三振2失点で完投勝利を挙げています。

最後の打者に、こん身の力を込めた。最速146キロの北九州の右腕エース、木村がプライドも込めた。

投げた後、帽子を飛ばして三振に取ると雄たけびを上げた。夏初戦で2安打2失点完投勝利。11個目の三振は狙って奪った。「最後は直球と決めていた」と胸を張った。

序盤は初戦の硬さからか、思うような投球はできなかった。2回に死球と自らのバント処理の失策から犠飛で1点を失った。「最初は緊張したが、途中から球が走ってきたので自分のリズムで投げられた」。スライダーでの空振り三振が増え、自慢の速球も走りだした。「帽子を飛ばすのはいつものこと。自分の持ち味でもあります」。大好きなソフトバンク千賀ばりの力を込めた投球がさえ、2点目を許した6回以外は安打すら与えなかった。

出典 日刊スポーツ

 

しかし、3回戦の東海大福岡高校戦では、6回7安打9四死球6奪三振7失点の乱調で、7回コールドで敗れています。

プロ注目の最速146キロ右腕、北九州の木村仁投手(3年)は雨のマウンドに泣き、最後の夏が終わった。先発して3回まではノーヒットに抑えていたが、雨脚がひどくなってきた4回に突如崩れた。自らの一塁けん制悪送球で1点を献上するとタイムリーで追加点を許した。

5回にはバント処理でぬかるんだグラウンドに足をすべらせてピンチを広げるなどで2失点。6回には満塁弾を浴びて、まさかの8失点コールド負けに終わった。この日最速145キロをマークしていたが、試合後は「僕のせいで負けたのに笑顔で迎えてくれるみんなに申し訳ない」と号泣していた。

出典 日刊スポーツ

 

 

木村仁投手は、最速146キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜる右腕投手。

Sponsored Links

 

木村仁投手の動画はコチラ

木村仁投手のスカウト評

オリックス縞田スカウト

「直球に力強さがある。これからが楽しみだ」

最後に

「150キロを目指し、勝てる投手になりたい」という木村仁投手ですが、プロ野球志望届を提出しましたね。

 

高校1年の時に投手を本格的に始めたので、実績は少ないですが、伸びしろはありそうです。

 

ドラフトでの指名を期待したいですね。

Sponsored Links