Sponsored Links

2019年春の選抜大会に出場する横浜高校ですが、毎年のように、逸材が入ってきますよね。

 

現在の1年生を見ても、佐倉シニアの度会隆輝選手、戸塚シニアの松本隆之介投手、浜松シニアの大手晴選手など、既にドラフトで注目されている選手も多いです。

 

そんな横浜高校の有望な1年生の1人に、世田谷西シニア出身の木下幹也投手がいます。

 

現在、最速144キロの速球を投げるといわれる木下幹也投手に、注目してみました。

木下幹也投手のプロフィール

出典 サンスポ

 

木下幹也(きのした もとや)投手は、東京都練馬区出身の投手。

 

身長185cm、体重85㎏、右投げ右打ち。

 

木下幹也投手は、練馬区立開進第四小学校の時に羽沢フォースターズに所属し、小学校6年生の時にジャイアンツジュニアに選出されています。

 

練馬区立開進第三中学校時代は世田谷西シニアでプレーし、シニア日本選手権で優勝し、木下幹也投手はMVPに輝いています。

エース木下幹也(もとや、3年)が序盤から飛ばし、3回まで3人ずつで佐倉を抑え込んだ。打線は2回に神田航生(3年)の適時打で先制。3回には1死二、三塁で木下が左中間スタンドに豪快な3ランをたたき込むなど3回までに5-0と優位に進めた。佐倉に2本の本塁打などで1点差に迫られ、最後は2死二塁で遊撃内野安打を打たれた。いったん三塁を回った相手走者が戻ろうとするところを本塁-三塁とボールを送ってタッチアウト。好守備での幕切れとなった。

「チョーうれしいです。最後、走者にタッチするときは手が震えました」と三塁を守った梅村大和主将(3年)。最終回にこの日最速の136キロをマークするなど大会を通じて力投した木下は最優秀選手賞を獲得し「中学最後の回だったので、思い切り投げようと思いました。(幕切れに)驚いて言葉が見つからない感じ」と笑顔を見せていた。

出典 日刊スポーツ

 

中学校卒業後は、横浜高校に進学し、1年夏の南神奈川大会からベンチ入り。

 

1年夏の南神奈川大会では、初戦の逗子高校戦で2番手で登板して0.1回をノーヒット無失点、3回戦の逗子開成高校戦で4番手で登板して2回を2安打1四死球2奪三振無失点の成績を残しています。

 

夏の甲子園大会ではベンチ入りメンバーから外れましたが、1年秋の神奈川大会ではベンチ入りし、初戦の三浦学苑高校戦で1回を無安打無失点と好投し、決勝の桐蔭学園高校戦でも2番手で登板して4.2回を4安打無失点に抑え、横浜高校の優勝に貢献しています。

 

続く、関東大会では、1回戦の甲府工業高校戦で及川雅貴投手の後を受けて1回をノーヒット無失点と好投しましたが、 準々決勝の春日部共栄高校戦では2番手で登板して3.1回を6安打1四死球5奪三振4失点と崩れ、試合も7回コールドで敗れています。

 

Sponsored Links

 

木下幹也投手は、最速144キロの速球にスライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシームの変化球を操る本格派右腕。

 

及川雅貴投手の卒業後は、松本隆之介投手とともに横浜高校の左右の両輪として活躍しそうです。

 

木下幹也投手の動画はコチラ

最後に

木下幹也投手は、投手としてだけでなく、長打力のある打撃も魅力の投手。

 

春の選抜大会では、スケールアップした姿を見せてほしいですね。

Sponsored Links