新潟医療福祉大学出身のプロ野球選手といえば、中日で活躍している笠原祥太郎投手がいますよね。

 

また、2018年には漆原大晟投手がオリックスから育成1位で指名されています。

 

そんな最近、プロ野球選手を輩出している新潟医療福祉大学で、ドラフトを意識できる投手が現れました。

 

その投手とは、本庄東高校出身の桐敷拓馬投手!

 

桐敷拓馬投手は、監督からも、大学2年生の時の笠原祥太郎投手と比べて、「桐敷の方がいいね」といわれる期待の投手です。

 

今回は、新潟医療福祉大学の桐敷拓馬投手に注目しました。

Sponsored Links

桐敷拓馬投手のプロフィール

桐敷拓馬(きりしき たくま)投手は1999年6月20日生まれの20歳。

 

埼玉県鴻巣市出身。

 

身長178cm、体重84㎏、左投げ左打ち。

 

桐敷拓馬投手は、中学校の時は行田シニアでプレーし、本庄東高校に進学。

 

2年夏の埼玉大会は、初戦の白岡高校戦に先発し、7.1回6安打3失点と試合をまとめましたが、相手投手に完封され、初戦敗退となっています。

 

3年夏の埼玉大会は、2回戦の埼玉栄高校戦で9回7安打1四死球6奪三振1失点完投、3回戦の坂戸西高校戦で9回7安打3四死球10奪三振完封、4回戦の市立川口高校戦で延長12回11安打5四死球19奪三振4失点完投、5回戦の聖望学園高校戦で8回4安打5四死球4奪三振4失点の成績を残しましたが、5回戦は2対4で敗れ、甲子園出場は叶いませんでした。

 

高校卒業後は新潟医療福祉大学に進学し、1年秋のリーグ戦から登板!

 

2年春のリーグ戦は2試合に先発して、6回で0勝2敗、10被安打、7四死球、4奪三振、防御率10.50と結果を残せませんでしたが、体幹と足腰のトレーニングに励んだ結果、平成国際大学戦では延長10回でリーグ最多記録タイの1試合タイの18奪三振をマークし、相手打線を完封しています。

左腕・桐敷が奪三振ショーを演じた。3回と6回に3者連続三振を奪うなど、5回を除き9回までに16奪三振。5点リードの延長10回裏2死。平成国際大・坂本を空振り三振に打ち取ると左手でガッツポーズ。延長10回に2三振を積み上げ、18Kのショーを締めた。

初回1死満塁のピンチが桐敷に火をつけた。5、6番の中軸打者を迎え、自己最速146キロの直球を連発し、連続三振に仕留めた。「ここを乗り切れたのが大きかった」と桐敷。その後も140キロを超える直球と得意球のチェンジアップ、さらに試行段階というフォークも織り交ぜながら三振の山を築いていった。リーグの1試合(9イニング)最多奪三振記録は94年大田義朗投手(関東学園大)の18。延長戦で参考ながら、その数字に並び「しっかり腕が振れていたことが大きかった」と振り返った。

出典 日刊スポーツ

 

 

桐敷拓馬投手は、最速146キロの直球にスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォークを織り交ぜる左腕投手。

最後に

桐敷拓馬投手は、高校時代から埼玉では好投手として注目されていた投手でした。

 

新潟医療福祉大学で、体幹と足腰のトレーニングを鍛えたことで、球速も増し、安定した投球ができるようになってきましたね。

 

新潟医療福祉大学OBの笠原祥太郎投手が、ドラフト3位で入団しているので、桐敷拓馬投手も頑張ってほしいですね。

Sponsored Links