松本航投手が西武にドラフト1位で指名され、 東妻勇輔投手がロッテにドラフト2位で指名された日本体育大学ですが、3年生にも北山比呂投手と吉田大喜投手という2019年ドラフト候補がいます。

 

北山比呂投手は、松本航投手と東妻勇輔投手がいたため、今までの登板数は少ないですが、今年は日本体育大学を背負う投手として活躍しそうです。

 

今回は、最速151キロの速球を誇る北山比呂投手に注目しました。

Sponsored Links

北山比呂投手のプロフィール

北山比呂(きたやま ひろ)投手は、神奈川県横浜出身の投手。

 

身長175cm、体重79㎏、右投げ右打ち。

 

北山比呂投手は、小学校3年生から瀬谷リトルのジュニアで硬式野球を始め、南希望ヶ丘中学校では瀬谷シニアでプレーしています。

 

中学校卒業後は、瀬谷シニアでコーチを務めていた父親の北山雄二さんの出身高校である横浜高校に進学し、1年夏の神奈川大会からベンチ入り。

 

2年秋の神奈川大会地区予選の新栄高校戦で公式戦デビューを果たし、1回ノーヒット1奪三振無失点の成績を残しています。

 

3年春の神奈川大会地区予選の金沢総合高校戦では、6回2安打4四死球4奪三振1失点で完投勝利をマーク!

 

続く神奈川大会2回戦の桜ヶ丘高校戦では2番手で登板して1回3安打3失点、3回戦の桐蔭学園高校戦では4番手で登板して1.1回1安打無失点の成績を残しています。

 

3年夏の神奈川大会は、1回戦の光明相模原高校戦で4番手で登板して0.1回ノーヒット2四球無失点、2回戦の海老名高校戦で2番手で登板して2回ノーヒット2奪三振無失点、決勝の東海大相模高校戦で4番手で登板して1.1回2奪三振2四球無失点。(決勝戦は0対9で敗戦)

 

北山比呂投手は高校卒業後、日本体育大学に進学し、2年春からリーグ戦に出場。

 

2年春の桜美林大学との3回戦でリーグ戦初登板して2回1安打無失点で抑え、東海大学との2回戦でも3番手で登板して0.1回2安打無失点。

 

2年秋は筑波大学との2回戦に3番手で登板し、0.2回を無安打無失点。

 

3年春の慶応大とのオープン戦では3回2安打5奪三振1失点の好投を見せ、3年春のリーグ戦の桜美林大学との2回戦で1回無失点の成績を残しています。

 

そして、8月に行われたJR東日本とのオープン戦では3番手で登板し、4.2回を5奪三振無失点で抑えているようです。

 

3年秋のリーグ戦では6試合に登板し、0勝1敗ながら、22.2回で防御率0.40の成績を残し、初めて投手10傑入りを果たしています。

 

3年秋には、侍ジャパン大学代表候補に選出され、強化合宿にも参加!

 

 

北山比呂投手は、最速151キロの直球にスライダー、カーブを織り交ぜる本格派右腕。

 

コントロールに不安が残ることと実績の少なさが懸念されます。

 

北山比呂投手の動画はコチラ

Sponsored Links

北山比呂投手のスカウト評

ヤクルト・丸山スカウト(2019/3/10付)

「(直球の力は)もっともっと強い」

 

阪神・平塚スカウト(2019/4/8付)

「ボールが強い」

最後に

北山比呂投手は、まだまだ実績が少なく、球種も少ない投手です。

 

しかし、逆に、肩を酷使していない投手でもあります。

 

この1年で、どこまで評価を高められるか、期待したい投手ですね。

Sponsored Links