慶應義塾大学の木澤尚文投手が、自己最速の154キロをマークしたそうです。

 

木澤尚文投手は慶應義塾高校時代に怪我で泣きましたが、大学で成長が期待できる投手!

 

2020年ドラフト候補として、注目されています。

 

今回は、慶應義塾大学の木澤尚文投手に注目しました。

Sponsored Links

木澤尚文投手のプロフィール

木澤尚文(きざわ なおふみ)投手は、1998年4月25日生まれの21歳。

 

千葉県船橋市出身。

 

身長182cm、体重78㎏、右投げ右打ち。

 

木澤尚文投手は、船橋市立二宮小学校の時に田喜野井ファイターズで野球を始め、小学校6年生の時に千葉ロッテ マリーンズジュニアに選出され、NPBジュニアトーナメントで優勝!

 

船橋市立二宮中学校時代は八千代中央シニアでプレーし、3年春に全国大会優勝を飾っています。

 

中学校卒業後は慶應義塾高校に入学。

 

1年冬に肩の怪我をしましたが、2年夏の神奈川大会で実戦復帰。

 

2年夏の神奈川大会では、初戦の逗葉高校戦で6回4安打2奪三振1失点完投(6回コールド)、3回戦の西湘高校戦で2番手で登板して4回1安打2四死球5奪三振1失点、4回戦の保土ケ谷高校戦で3番手で登板して1回ノーヒット無失点、5回戦の山北高校戦で8回2安打2四死球6奪三振完封(8回コールド)、準々決勝の桐光学園高校戦で2番手で登板して5.1回を6安打4失点の成績を残しましたが、準々決勝で敗れています。

 

その後、3年春の準決勝の横浜高校戦で先発した時に、右ヒジ内側じん帯を損傷!

 

しかし、夏の大会を控えていたため、本格的治療は先延ばしにし、3年夏の神奈川大会に出場!

 

3年夏の神奈川大会は、2回戦の川崎商業高校戦に2番手で登板して1回ノーヒット1奪三振無失点、決勝の横浜高校戦で3番手で登板して1.2回を1安打1奪三振無失点で抑えましたが、試合は3対9で敗れ、甲子園出場を逃しています。

テーピング、ブロック注射、痛み止めの薬を飲んでの強行登板。「130キロも出ていなかったと思います」。絶対に、甲子園をあきらめるわけにはいかない。気力で1回2/3を無失点に抑えた(チームは3対9で敗退し準優勝)。

出典 週刊ベースボール

 

高校卒業後は、慶應義塾大学に進学し、2年春の立教大学との1回戦に2番手で登板し、リーグ戦デビュー!

 

2年秋の法政大学との3回戦に3番手で登板し、1回をノーヒット1奪三振無失点に抑え、リーグ戦初勝利!

 

3年春のリーグ戦から、先発として2回戦に登板するようになり、立教大学との2回戦では6回6安打3四死球8奪三振1失点に抑え、リーグ戦2勝目を飾っています。

 

また、早稲田大学との2回戦では最速154キロをマークし、7.1回を3安打2四死球10奪三振無失点に抑える好投を見せています。

伝統の一戦が木沢を後押しした。初回、滝沢を152キロ直球で見逃し三振に斬ると、2番・金子には154キロを計測。自己最速を3キロ更新し序盤を乗り切ると7回1/3を3安打無失点で10三振を奪う気迫の投球を見せた。「早慶戦で最速を出せたのは自分だけの力じゃない。後先考えず最初から飛ばしました」。4月28日の法大2回戦は2回4失点KOも、頭が突っ込む悪癖を矯正。慶応高時代、右肘内側側副じん帯損傷に泣いた右腕が笑った。

出典 スポニチ

 

 

木澤尚文投手は、最速154キロの速球にスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜる本格派右腕。

 

2019年2月6日・7日に行われた冬季特別トレーニングに参加した際に、堀内恒夫氏から木澤尚文投手は「プロに行く投手」といわれています。

慶應義塾大学 木澤尚文くん

まだ3年生だけど

彼もプロに行くでしょうねぇ。

君はね、大丈夫

大きく変えることはないから。

とにかく、今回俺に言われたことだけを

やっていけば問題なし。

変えちゃダメだぞ!

出典 今日もどこかで悪太郎

 

木澤尚文投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

木澤尚文投手は、実績は少ないものの、ドラフトイヤーとなる2020年には騒がれている投手でしょう。

 

怪我をしないように、成長していってほしいですね。

Sponsored Links