Sponsored Links

最速146キロの大型右腕として、ドラフトで注目されている東海大札幌高校の小林珠維投手!

 

2年秋の新チームからはエースで4番の二刀流選手としてチームを牽引しています。

 

今回は、東海大札幌高校の小林珠維投手に注目してみました。

小林珠維投手のプロフィール

出典 スポーツ報知

 

小林珠維(こばやし じゅい)投手は北海道札幌市出身の投手。

 

身長183cm、体重84㎏、右投げ右打ち。

 

小林珠維投手は、登別青葉パワーズで野球を始め、小学校6年生の時にファイターズジュニアに選出されています。

 

ファイターズジュニアの同期には、札幌大谷高校の西原健太投手がいて、小林珠維投手にとってライバルのようですね。

一番最初の出会いはファイターズジュニアのセレクションで、練習会の時に隣で投げていていました。デカかったし、もちろん球も早くてこういう人が受かるんだなと思いました。その後、お互いにセレクションで受かってメンバーになりました。親同士も仲が良いんです。僕らも会話していくうちに仲良くなっていきました」と、道内では友でありライバルの西原の名前を上げてくれた。

出典 高校野球ドットコム

 

札幌市立八軒中学校時代は、札幌新琴似シニアでプレーしています。

 

中学校卒業後は東海大札幌高校に進み、1年からベンチ入り。

 

2年夏の南北海道大会では、結果を残せずベンチを外れましたが、2年秋の新チームからエースで4番として出場!

 

2年秋の北海道大会札幌地区1回戦の北海学園札幌高校戦では、先発して8回7安打4奪三振3失点、打つ方でも2打数2安打の活躍をしました。

 

その後、小林珠維投手は、2回戦の札幌北陵高校戦で先発、3回戦の札幌創成高校戦でリリーフ登板し、地区大会代表決定戦の札幌光星高校戦で先発しましたが、試合中盤に点を取られ、5対7で敗れています。

 

Sponsored Links

 

小林珠維投手は、最速146キロの速球にスライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を持つ本格派投手。

 

3年夏の大会までに、最速153キロを目指し、またキレのあるボールを投げることを心掛けているようです。

「最速の目標は153キロに設定しています。平均球速を149キロ、150キロぐらいにしたいので、今の所マックスは153キロに設定しています。なおかつキレのあるボールを投げたいです。今は153キロが目標です」と語ってくれた。

 

「キレを出すために、2キロのサンドボールを1日何百回も行ったり、下半身がまずないと上もついてこないと思うので、去年よりもスクワットやデッドリフトとかを主に行っています。またちっちゃい筋肉、インナーマッスルなど細かいところまで鍛えるようにしています」と具体的なアクションプランも語ってくれた。

キレを出すという『目的』を理解しながら身体を鍛えているのがわかる。

出典 高校野球ドットコム

 

小林珠維投手の動画はコチラ

最後に

小林珠維投手は、2019年ドラフト会議でプロ野球選手になるという目標を持っているそうです。

 

球速が150キロを越え、キレが増してくれば、ドラフト候補としての評価も上がってくるでしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links