履正社高校で1年から試合に出場している小深田大地選手!

 

履正社高校で1年から試合に出場していたのは、山田哲人選手(現 ヤクルト)やT―岡田選手(現 オリックス)くらいのようなので、、かなりの逸材と思われます。

 

今回は、履正社高校の小深田大地選手に注目しました。

Sponsored Links

小深田大地選手のプロフィール

小深田大地(こぶかた だいち)選手は、兵庫県姫路市出身。

 

身長176cm、体重85㎏、右投げ左打ち。

 

小深田大地選手は、姫路市立飾磨中部中学校時代は姫路アイアンズでプレーし、中学3年生の時には、NOMOJAPANに選出されています。

 

中学校卒業後は履正社高校に進み、1年夏の北大阪大会から背番号5を付けてベンチ入りしています。

 

1年夏の北大阪大会では5番サードで出場し、初戦の摂津高校戦では4打数ノーヒットに終わりましたが、3回戦の汎愛高校戦で4打数1安打、4回戦の大阪電通大高校戦で2打数2安打1打点、準々決勝の寝屋川高校戦で1打数ノーヒット2四死球、準決勝の大阪桐蔭高校戦で4打数2安打と活躍しましたが、試合は4対6で敗れています。

 

1年秋の大阪大会は、準々決勝の東海大仰星高校戦で9回にサヨナラ満塁ホームランを放ち、決勝の大阪桐蔭高校戦でもライトに特大ツーランを放ち、履正社高校の大阪大会優勝に貢献!

履正社が宿敵・大阪桐蔭を下し、5年ぶり5回目の優勝を決めた。

初回に4安打で一挙3点を先制。3回には無死一塁から小深田(こぶかた)大地内野手(1年)が右翼へ特大の2ランを放った。小深田は今夏の北大阪大会もベンチ入り。準決勝で9回2死から敗れた大阪桐蔭から「逆転してからの集中力、粘り強さ」を学び、リベンジした。

出典 日刊スポーツ

 

続く、近畿大会では3番サードで出場し、初戦の南部高校戦では4打数ノーヒットに終わりましたが、準々決勝の福知山成美高校戦では5打数3安打1打点と活躍!

 

しかし、準決勝の龍谷大平安高校戦では3打数ノーヒットに終わり、試合も野澤秀伍投手に完封を許し、0対7で敗れています。

 

2年春の選抜大会初戦の星稜高校戦では、3番サードで起用されましたが、4打数1安打2三振に終わり、試合も奥川恭伸投手に完封され、初戦敗退しています。

 

小深田大地選手は、遠投105m、50m走7秒、高校通算9本塁打の強打の内野手。

 

小深田大地選手は、履正社高校の先輩の安田尚憲選手(現 ロッテ)に似たタイプのスラッガーですが、安田尚憲選手のようなドラフト1位クラスまで成長できるか、期待したい選手です。

 

小深田大地選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

2年春の選抜大会では、小深田大地選手は奥川恭伸投手相手に活躍することはできませんでしたが、良い経験になったことでしょう。

 

この経験を糧に頑張ってほしいですね。

Sponsored Links