小柄な体で、近畿大学時代に通算107安打を達成した小深田大翔選手ですが、社会人1年目から活躍して、都市対抗野球大会では若獅子賞を受賞しています。

 

社会人入社2年目となる2019年は、ドラフト候補として注目される存在になりそうですね。

 

今回は、大阪ガスの小深田大翔選手に注目してみました。

小深田大翔選手のプロフィール

出典 https://mainichi.jp/

 

小深田大翔(こぶかた ひろと)選手は、1995年9月28日生まれの23歳。

 

兵庫県佐用町出身。

 

身長168cm、体重67kg、右投げ左打ち。

 

小深田大翔選手は、小学校の時に利神ドジャースでソフトボールを始め、佐用町立佐用中学校時代は硬式の佐用スターズに所属していました。

 

中学校卒業後は、神戸国際付属高校に入学し、2年夏の兵庫大会では、1回戦の神戸鈴蘭台高校戦で9番セカンドで出場して2打数ノーヒット1打点、3回戦の豊岡高校戦で途中出場して1打数ノーヒット、4回戦の津名高校戦で9番セカンドで出場して2打数1安打、5回戦の滝川第二高校戦で9番セカンドで出場して3打数1安打の成績を残しています。

 

3年春の兵庫大会決勝で報徳学園高校を下して優勝した神戸国際付属高校は近畿大会に出場し、履正社高校に敗れ、準優勝!

 

3年夏の兵庫大会では、初戦で伊川谷高校と対戦し、7番ショートで出場した小深田大翔選手は3打数2安打と活躍しましたが、2対3で惜敗し、甲子園出場は叶いませんでした。

 

小深田大翔選手は高校卒業後は、近畿大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場!

 

1年秋のリーグ戦ではサードでレギュラーを掴み、1年秋は11試合に出場して、44打数18安打、打点3、盗塁2、四死球3、三振5、打率.409をマーク!

 

2年春のリーグ戦からはセカンドに移り、2年春は12試合に出場して、45打数13安打、打点2、盗塁3、四死球7、三振2、打率.289の成績を残し、セカンドとして初のベストナインに選出されています。

 

その後、小深田大翔選手は近畿大学のレギュラーとして活躍し、4年春のリーグ戦で打率.326、4年秋のリーグ戦で打率.362の好成績を残し、2季連続ベストナインに選出!

 

小深田大翔選手は全国大会には、4年春の全日本大学野球選手権大会に主将として出場!

 

1回戦の岡山商科大学戦で、小深田大翔選手は1番セカンドで出場し、4打数ノーヒットに終わり、試合も2対4で敗れています。

 

小深田大翔選手は、大学卒業後は大阪ガスに入社し、1年目から公式戦に出場!

 

入社1年目の都市対抗野球大会では、2番ショートで出場して、1回戦の信越硬式野球クラブ戦で4打数1安打1打点、2回戦の新日鐵住金かずさマジック戦で本塁打を含む5打数3安打3打点、準々決勝のNTT東日本戦で4打数1安打、準決勝のJR東日本戦で3打数ノーヒット1四死球、決勝の三菱重工神戸・高砂戦で4打数1安打と活躍し、若獅子賞を受賞!

 

2018年11月に行われた日本選手権大会では、小深田大翔選手は2番サードで出場し、1回戦の鷺宮製作所戦で5打数1安打、2回戦のHonda鈴鹿戦で5打数1安打の成績を残しています。

 

Sponsored Links

 

小深田大翔選手は、大学通算107安打をマークするシュアな打撃とショート・セカンドを守れる俊足巧打の小柄な内野手。

 

小深田大翔選手の動画はコチラ

最後に

小深田大翔選手は小柄な選手ですが、ショート・セカンドを守れて、打てる内野手は、ドラフト候補としても需要はあると思います。

 

社会人2年目となる2019年は、更に評価が上がるように頑張ってほしいですね

Sponsored Links