侍ジャパン大学代表候補に選出された中央学院大学の古田島成龍投手は、最速151キロを誇る2021年ドラフト候補!

 

3年秋のリーグ戦では、MVPと奪三振王を受賞するなど、リーグ戦で成長しています。

 

今回は、中央学院大学のドラフト候補・古田島成龍投手に注目しました。

Sponsored Links

古田島成龍投手のプロフィール

古田島成龍(こたじま せいりゅう)投手は茨城県河内町出身。

 

身長174cm、体重81kg、右投げ右打ち。

 

古田島成龍投手は、茨城県河内町河内中学校時代は茨城オール県南クラブでプレーし、取手松陽高校に入学。

 

取手松陽高校では1年からベンチ入り。

 

1年夏の茨城大会では6番ライト兼投手として出場し、1回戦の水戸桜ノ牧高校戦で2打数1安打、2回戦の潮来戦で先発して3回1安打無失点、打者として2打数1安打2打点と活躍しましたが、3回戦の常総学院高校戦では、鈴木昭汰投手に4打数ノーヒットに抑えられ、試合も2対3で惜敗しています。

 

2年夏の茨城大会はエースで4番として出場し、初戦の水城高校戦で、投手として9回6安打5四死球6奪三振2失点完投と力投しましたが、試合は1対2で惜敗し、初戦で敗れています。

 

その後、古田島成龍投手は、3月上旬の練習中にティー打撃をしていたチームメイトのバットが頭部を直撃するアクシデントで右こめかみを陥没骨折する怪我を負います。

 

そのため、3年夏の茨城大会は投手として登板できずに、3番ファーストで出場しましたが、初戦の牛久栄進高校戦で2打数1安打1打点と活躍したものの、2回戦の霞ヶ浦高校戦では4打数ノーヒットに終わり、試合も完封負けを喫しています。

 

古田島成龍投手は、高校卒業後は中央学院大学に進学し、2年春からリーグ戦に出場!

 

2年秋のリーグ戦では、7試合に登板して、50.1回で4勝2敗、防御率1.25、55奪三振の好成績を残し、奪三振王のタイトルを獲得!

 

その後、2020年6月に行われるハーレムベースボールウイークの侍ジャパン大学日本代表候補強化合宿メンバーに選出されています。

 

新型コロナの影響で、3年春のリーグ戦は中止となりましたが、3年秋のリーグ戦ではMVPと奪三振王を受賞するなど活躍し、 アジア大学選手権に出場する侍ジャパン大学代表候補に選出されています。

 

 

古田島成龍投手は、最速151キロの直球にスライダー、チェンジアップ、カット、カーブなどの変化球を持つ小柄な右腕。

 

古田島成龍投手の動画はコチラ

最後に

取手松陽高校時代から最速146キロ右腕として注目されていた古田島成龍投手ですが、中央学院大学に入ってから球速も最速150キロを超えてきました。

 

コントロールやストレートを磨いていけば、ドラフト指名の可能性もありそうです。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links