2019年ドラフト候補で、同じ創価大学の杉山晃基投手よりも、現在は評価が高いといわれているのが小孫竜二投手です。

 

小孫竜二投手はマックス150キロの速球を投げる投手ですが、制球力もそこそこあるので、大崩れしません。

 

今回は創価大学の小孫竜二投手に注目しました。

小孫竜二投手のプロフィール

出典 創価大学硬式野球部

 

小孫竜二(こまご りゅうじ)投手は、1997年9月15日生まれの21歳。

 

石川県金沢市出身。

 

身長180cm、体重82kg、右投げ右打ち。

 

小孫竜二投手は、兄の影響で5歳から犀川ビクトリーに入り、野球を始め、金沢市立犀生中学校時代は金沢ボーイズでプレーし、中日本選抜にも選出されています。

 

中学校卒業後、小孫竜二投手は遊学館高校に進学し、1年秋から投手兼外野手として出場しています。

 

2年春の石川大会では4試合にリリーフ登板し、準々決勝の羽咋高校戦では6.1回で2安打3奪三振自責点0の好投をしています。

 

2年夏の石川大会では、2回戦の金沢西高校戦で先発して6回6安打3奪三振2失点、準々決勝の東雲高校戦で3番手で登板し1.2回をノーヒットに抑える好投を見せましたが、準決勝で小松大谷高校と対戦し、山下投手との投げ合いに敗れ、準決勝で敗退しています。

 

3年春の石川大会1回戦の翠星高校戦では、最速144キロの直球で3回をノーヒット4奪三振無失点に抑え、スカウトから高評価を得ています。

 

3年夏の石川大会では、2回戦の穴水高校戦で先発して5回3安打8奪三振2失点、3回戦の七尾高校戦で8回3安打12奪三振完封(8回コールド)、準々決勝の鵬学園高校戦で9回7安打10奪三振1失点完投、準決勝の津幡高校戦で3番手で登板して3.2回ノーヒット3奪三振無失点と好投を続け、決勝の金沢高校戦でも、9回7安打7奪三振で完封し、遊学館高校の石川大会優勝の原動力となりました。

 

3年夏の甲子園大会では、2回戦の九州学院高校戦に先発し、5安打4奪三振3失点で完投勝利を挙げましたが、3回戦の東海大相模高校戦では先発したものの、4回途中で8安打6失点と打ち込まれ、試合も2対11で敗れています。

 

その後、小孫竜二投手はプロ志望届を提出しましたが、指名されなかったため、創価大学に進学!

 

創価大学では、1年春からリーグ戦に出場し、2年春のリーグ戦では5試合に登板し、34.1回で3勝2敗、19奪三振、防御率1.83を記録し、2年秋のリーグ戦では5試合に登板し、37回で2勝2敗、28奪三振、防御率1.95をマーク!

 

3年春のシーズンは調子を落としましたが、3年秋のシーズンでは8試合に登板し、58.2回で5勝3敗、67奪三振、防御率1.38の好成績を挙げ、最多勝利投手となっています。

 

全国大会には、2年と3年の時に明治神宮野球大会に出場!

 

2年秋の明治神宮野球大会では、1回戦の関西大学戦で2番手で登板し、4回2安打2四球無失点。

 

3年秋の明治神宮野球大会では、2回戦の関西国際大学戦で2番手で登板し、1回ノーヒット2四球無失点。

 

 

小孫竜二投手は、最速150キロの直球にスライダー、フォーク、ツーシームなどの変化球を織り交ぜ、三振を奪う本格派の投手。

 

コントロールは大崩れはしないものの、四死球率が高いのが課題といえます。

 

小孫竜二投手の動画はコチラ

小孫竜二投手のスカウト評

巨人・井上真二スカウト(2015.4/19付)

「真っすぐは力強い」

 

オリックス・由田慎太郎スカウト(2015.4/19付)

「夏にはスピードも(さらに)上がってくるのでは」

 

阪神・畑山チーフスカウト(11/11付)

「(杉山は)真っすぐがいい。(小孫、望月を含め)3人とも楽しみ」

Sponsored Links

最後に

小孫竜二投手は杉山晃基投手と比べると、安定感はあるのですが、地味な印象という感じです。

 

今年1年、制球やキレを磨いて、ドラフトで指名されるように頑張ってほしいですね。

Sponsored Links