Sponsored Links

敦賀気比高校の大型ショート黒田響生選手が、巨人の育成ドラフト4位で指名されました。

 

敦賀気比高校出身の選手といえば、巨人には内海哲也投手がいますよね。

 

今回は、巨人の育成ドラフトで4位で指名された黒田響生選手に注目してみました。

黒田響生選手のプロフィール

出典 日刊スポーツ

 

黒田響生(くろだ ひびき)選手は、2000年7月21日生まれの18歳。

 

福井県福井市出身。

 

身長184㎝、体重75㎏、右投げ右打ち。

 

黒田響生選手は、福井市文殊小学校の時にソフトボールを始め、福井市足羽中学校時代は鯖江ボーイズでプレーし、中学校3年生の時に全国大会で優勝しています。

 

黒田響生選手は中学校卒業後、敦賀気比高校に進学し、1年春からレギュラーとなっています。

 

1年春の福井大会では、1番ショートとして起用され、準優勝に貢献!

 

福井県2位として出場した春季北信越大会では、7番セカンドで起用され、1回戦の北越高校戦で1打点を挙げています。

 

1年夏の福井大会を初戦敗退した後、1年秋は準々決勝 で羽水高校に3対4で惜敗。

 

2年夏の福井大会は準々決勝で武生商業高校に敗退し、2年秋の福井大会も準々決勝で福井工大福井高校に3対10で敗退。

 

しかし、最後の甲子園出場をかけた3年夏の福井大会で、黒田響生選手は2番ショートで出場し、打率5割の成績を残し、敦賀気比高校の福井大会優勝に貢献!

 

黒田響生選手は、夏の甲子園大会に2番ショートで出場し、1回戦の木更津総合高校戦で4打数1安打の成績を残しましたが、投手陣が打ち込まれ、甲子園を後にしています。

 

 

黒田響生選手は遠投120mの強肩を誇る守備力の高い大型ショートです。

 

長打力はありませんが、3年夏の県大会で打率5割をマークした選手なので巧打も期待できそうです。

 

黒田響生選手の動画はコチラ

黒田響生選手のスカウトコメント

巨人・木佐貫洋スカウト(10/25付)

「グラブさばきが柔らかく、安定した送球で守備力が高い大型遊撃手。バットの出がスムーズで広角に打ち返すタイプ」

 

巨人・木佐貫スカウト(11/2付)

「柔らかなグラブさばきや肩の強さが評価できる。持ち味の守備力を磨き、チームの顔になってほしい」

Sponsored Links

最後に

黒田響生選手は、1年目の目標に支配下登録を掲げているようです。

 

ただし、育成の選手が支配下登録を勝ち取るのは、結構ハードルが高いと思います。

 

まずは、体を作って、頑張ってほしいですね。

 

【追記】

黒田響生選手は、11月16日、福井県敦賀市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金200万円、年俸240万円(金額は推定)で仮契約しています。

 

また、背番号は「021」に決定しました。

 

11月23日、東京ドームで行われた「ジャイアンツ・ファンフェスタ2018」でドラフト会議・育成ドラフト会議で指名された新人選手10人のお披露目がありました。

 

黒田響生選手のコメント

「自信のある守備でアピールして、少しでも早く、少しでも長く、この東京ドームでプレーできるように頑張りたい」

Sponsored Links